記事の詳細

よくチュートリアルである「枠を鉛筆で描いてその中は鉛筆で塗りつぶし」ではなくて、細いフォントはそのまま鉛筆のように、太い文字に関してはペンで書いたように見せられないかと試行錯誤。

アピアランスを駆使してフィルターを重ねてそれっぽいものを作る

以下のようにフィルターをかけていきます。
Photoshop効果フィルタをかけるのは一番最後にしたほうがよさそうです。拡大縮小に弱い弱い……。

角丸設定

ジグザグ設定

ラフ設定

粒状

アピアランスパネル

 

 

ここまででこんな感じになります。

サンプル1

 

SVGフィルタをかけてみる

適応値はこんな感じ。

SVGフィルタ

SVGフィルタサンプル

薄墨で書いたような雰囲気がでます。紙系テクスチャの上に乗算などするとそこそこ見栄えが良い感じ。

SVGフィルタサンプル2

いっそ角丸だけ適応してみる

わりとペン書き。色を付けるとそこそこ。

角丸設定

角丸のみサンプル

ペン書きサンプル

落書きを設定してみるともう少しにじみの表現が出てくるので、太めのフォントにマッチングするようです。

落書き設定

落書きサンプル

●スタイル適応後のフォント比較シート

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る