記事の詳細

こんにちは。

「キャンプ淵野辺留保地Handmade&Art Fair in Autumn With Custom Car Festival」

ですが、ご存知かと思いますが、天候の関係で

中止!

となってしまいました。

台風接近ということもあり、22日は雨、風が特にひどく、とてもイベントどころの天候ではありませんでした。

とはいえ、このイベントのために告知をし、準備をしてきた出店者の方々やポスターを掲示して頂いた方。
そして、第1回のイベントを楽しみにして下さった来場者の方々

本当に申し訳ございませんでした!

2018年の春に改めて開催できるように手続きを進めていきたいと思います。

今回は総集編です。

 

相模原で車の展示のイベントやりたい!

2016年12月頃…Zoneさんの一言から始まった…

株式会社 Zone
神奈川県相模原市を拠点に活動する国内唯一のフェアレディZ32専門店です。
遠方からのお問い合わせも多数!

「車の展示イベントでよく県外で参加するんだけど…

車の展示イベントってなんで相模原市で行われないんだろう?

せっかく相模原市で活動をしているので、相模原市でイベントを行いたいな!」

私たちは、「アートフェスティバル in さがみはら」というイベントの運営事務局をやっており、
イベントの知識は少しあったのと、アートフェスティバルとは別のイベントも企画したかったので、
車の展示できる場所を私たちインクループが探す事になりました。

 

相模原市の公園を使う許可を取るまでが予想以上に大変だった

イベントを行う上で重要となるのが会場です。
車の展示イベントを行うためにはそれ相応の広さがなければいけません。
相模原市は多くの公園があるのですが、
駐車場(来場者用)があり、イベントができる程の広さを持った場所
が中々見つかりませんでした。

最終的にある程度の広さを持っている場所として見つけたのが、

麻溝公園と淵野辺公園です。

公園の使用許可を頂くためには、相模原市役所の公園課というところの許可が必要なのですが…

その公園課の許可を頂くためには相模原市役所の○○課の後援を頂かないと許可が出ない。

紛らわしいんですけどね。
地域振興課を始め、商業観光課、産業政策課など後援してもらうために様々な部署に伺いました。
しかし、後援を頂く事はできませんでした。

《後援がつかなかった理由として》

  • 一般企業がイベントを企画している(営利につながる)
  • 車の展示で騒音が気になる(市の施設なので、近隣住民の方に配慮する必要がある)
  • 実績がない
  • どこの課にもイベントの趣旨が該当しない。
  • その他色々

Handmade&Art Fairは過去に1度イベントの企画は白紙になっていた…

麻溝公園と淵野辺公園が見つかったあとですが、
車の展示イベントではなく、ハンドメイドだけのイベントは開催できるのか提案してみますと、
実績があったこともあり、後援が付きました。
「麻溝公園Handmade&Art Fair in Summer」です。
7月29日(土)に開催する予定だったのですが…
そのイベントの後援を頂いた時の担当者が変ってしまい、イベント自体白紙に戻ってしまいました。
ちなみに下記はロゴ画像です( `ー´)ノ

市の後援がないとイベントは相模原市で行えないのか…?

そこで見つけたのが、キャンプ淵野辺留保地の情報です。
※Googleマップ上では多目的広場と表示されます。

ここは麻溝公園や淵野辺公園とは違い、相模原市の公園課の管轄ではなく、土地利用調整課というところが管理をしていました。
そして、特に後援がなくても、イベントが行える事がわかりました。
※もちろん誰でもイベントが行えるというわけではなく、約束事があります。

イベントの趣旨を担当者とお話をした時もやはり、車の騒音について問われましたが、この時にはイベントは、ハンドメイドやワークショップ、キッチンカー、ステージを一緒に準備する事で、ファミリー向けのイベントになっていました。
土地利用調整課の担当者や公園を管理している方とも定期的に連絡を取り、少しでも信頼をしてもらえるように努めました。

会場を抑えるだけで、半年以上費やしました。

 

日付も決まり、いざ出店者の募集

場所も日付も決まりようやく、出店者に告知ができるようになったのが、7月上旬。

アートフェスティバルでは、100店舗を超える問い合わせがあったので、ハンドメイドブースは100ブースすぐ埋まるだろうと当初予定していました。

しかし、応募が全然来ない!!(◎_◎;)

7月13日~31日までにイベント用ホームページ(https://handmade-art.net/)に533セッション(アクセスのべ回数)もあるのに、応募は20店舗ぐらいでした。

カスタムカーの出展も3社ほど。
やっとの思いで会場を抑えたのに、出店者が期待値よりも大幅に少なかったです。

 

とにかくSNS(Facebook、Twitter、Instagram)を使ってイベントの認知度をあげる

Facebook、Twitter、Instagramをフル活用でとにかく告知をして、とにかく認知度上げ、8月後半からアクセス数が上がり、
9月、10月と右肩上がりになりました。

その時の詳細は前回記事で記載していますので、よろしければこちらもどうぞ

昨日A氏が、Twitter Analyticsの記事を記載していたので、どのぐらい増えたのか見てみましょう。

フォロワーも着実に増やして行くことができましたね。
Twitter Anlyticsについての記事は下記からどうぞ。

TwitterAnalyticsでTwitterのアクセスを解析する
今回はTwitterAnalyticsを使用してTwitterのアクセスを解析する方法を記載します。TwitterAnalyticsとは何か?TwitterAnalyticsは自身が所有しているTwitterアカウント...

同じようにFacebook、Instagramではどのぐらいフォロワーが増えたのか…

【Facebook】

【Instagram】

それぞれ開始3ヶ月ですが、着実に増えていそうです。

 

いよいよイベント目前!

  • カスタムカー15社
  • キッチンカー11社
  • ハンドメイド&ワークショップ61店舗

不安だった出店者も集まってきました。

【表】※キッチンカーはパンフレット作成後に1社増え、合計11社になりました。

【裏】※ハンドメイドはパンフレット作成後に3店舗増え、合計61店舗になりました。

パンフレットもできあがり、後はイベントを行うだけ!

だったのに…

 

当日は雨+台風により中止…

約1年かけて作ってきたんですけど、最後最後で天候に阻まれました…

雨だけならできるんではないかと思ってみたのですが、やはり台風が来てしまうとテントが飛ばされたりしてしまうなど、危険が伴ってしまうので苦渋の決断でしたが、中止という判断をしました。

イベント企画から今日までのモチベーショングラフ(田中オリジナル)を作ってみました。

また2018年春開催に向けて頑張ります!
「こんなイベントにしたい!」、「こんなブースがあったらいいな」などありましたら、
info@handmade-art.netまでご連絡下さいませ。
宜しくお願い致します!

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
田中 優樹

田中 優樹

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
助成金、社内事務、イベント運営と、製作部隊ではなく裏方作業担当の田中です(^^♪ 助成金は「自分達で調べ申請する」シリーズで作成しています。 やりたい事色々。相模原を盛り上げたい!世界と日本をつなぎたい!!以上!!

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る