記事の詳細

産業会館パソコン教室も手書きPOPを活用し始めて2ヶ月が経ちました。
成果物にコメントを添えてみたり、おすすめの講座を目立たせてみたり、また、雨の日は「足元の悪い中ありがとうございます」というメッセージを受講者様の席に置いてみたりしています。

今回のテーマは「店内POPでわくわく感を演出」です。
POPでわくわく感を演出

地域密着の教室を目指すうえで「親近感」の演出がお客様とのコミュニケーションにおいて第1歩であり、そこから会話が深まり、リピートしてもらえる提案もできるようになります。店舗の入り口が親近感を与えるファーストコンタクトであることを以前の記事でも描きましたが、店内POPもとても重要です。

関連記事:ココで差が付く!入口表現の考え方

コメントPOPを活用して感じる主な成果は

  • 会話の種ができ、お客様との会話が増えた
  • 教室がにぎやかになった
  • スタッフの意識が向上した

などです。

にぎやかさがあるお店にはお客様が入る

田中博子氏の著書『お金をかけずに売上3倍!コメントPOP活用術』にも次のような記載があります。

にぎやかに見えるお店にはお客様が入ります。お客様が入っているお店は、にぎやかになり、そして入りやすいお店になります。

にぎやかなお店に人が集まり、そのにぎやかさがまた人を呼ぶという好循環を生むのですね。
その点、POPはもっとも手軽に「にぎやかし」ができる販促ツールです。
紙とペンがあればだれでもできるからです。

「私にはできない」という人がいたら、それはただチャレンジしていないだけです。
字が下手でもいいから、まずはペンを持つことから始めればいいと思います。

そして書籍『お金をかけずに売上3倍!コメントPOP活用術』はそんなあなたの強い味方になると思います。

にぎやかだ!と感じるか雑多でわかり辛い・・・と感じるか

にぎやかだなぁ!と感じさせるためには、最低3つ以上のPOPを作り、それがちゃんと同一の視界に入る場所に配置しましょう。
心理学では人は3つ以上ものがあると「少ないなぁ」とは感じません。

逆に多すぎてもダメです。「いろいろ多すぎてわかり辛い・・・」と思われてしまいます。

マジカルナンバーという言葉がありますが、人が一度に記憶できるのは5から9、すなわち7プラマイ2である(ジョージ・ミラー氏)。というものです。
7つ以上の選択肢を提示すると記憶しきれないため「多い」と感じてしまいます。

一つのコーナーにコメントPOPは7つまでと基準を設けておきましょう。

関連記事:営業のコツ!選択肢の数と心理的効果

気づいてもらう=認知が大事!

人が物を買うステップを表す「購買心理の7段階」というものがありますが、

注意→興味→連想→欲求→比較→確信→決断

認知(注意)されなければそもそも買ってもらえません。興味も引くことができません。

関連記事:「買います」と決断させる営業のコツ!無意識の意識を意識する

コメントPOPは認知させ、そして興味を持たせるための強力な販促ツールとなり得ることを意識して、大いに活用していきたいですね。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
インクループ株式会社

インクループ株式会社

インクループ株式会社は、データ分析、市場調査に基づく企画立案、コンテンツ制作、運用を通じてお客様の目標を実現する会社です。WEBサイトをもっと活用したい、ECサイトの売上をもっと増やしたいなどのお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る