記事の詳細

はじめまして、網干と申します。

本日は表題の通り、XAMPPで仮想環境を構築してwordpressをインストールする方法を掲載します。
※本記事ではセキュリティの設定を考慮していません。
なお、今回はwindowsマシンへのインストールになります。

はじめに

今回使用する各種ソフトの名称を記載します。

  • XAMPP:xampp-win32-5.6.21-0-VC11-installer.exe
  • wordpress:wordpress-4.5.2-ja.zip

XAMPPのインストール方法

XAMPPのダウンロード

まずはじめに、XAMPPをダウンロードします。
XAMPPの公式サイトをクリックすると下記の図のような画面が表示されます。
公式サイト:https://www.apachefriends.org/jp/index.html
XAMPインストール方法01
今回はwindows機へのインストールなので、図のようにwindows向けXAMPPのボタンをクリックします。

ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。
ダウンロードが始まらない場合は、下記の図のボタンをクリックしてダウンロードしてください。
XAMPインストール方法02

XAMPPのインストール

ダウンロードしたファイル(xampp-win32-5.6.21-0-VC11-installer.exe)をクリックします。
すると、下記のメッセージが表示されますのでOKボタンを押してください。
XAMPインストール方法03
※セキュリティソフトによって、上記とは異なるメッセージが表示される場合があります。
そのため、セキュリティソフトのリアルタイム検索をオフにした状態での実行を推奨します。

セットアップ画面が表示されますので、Nextボタンをクリックしてください。
XAMPインストール方法04

インストールするコンポーネントの選択がありますが、特に設定を変更せずにNextボタンをクリックしてください。
XAMPインストール方法05

インストールを行うフォルダを選択します。
フォルダを選択したらNextボタンを押してください。
XAMPインストール方法06

Learn more about Bitnami for XAMPP のチェックは不要なので外してください。
チェックを外したらNextボタンを押してください。
XAMPインストール方法07

インストールの準備が整いました。
Nextボタンをクリックしてください。
XAMPインストール方法08

XAMPPのインストールが始まります。
メーターがすべて満たされたらNextボタンが押せるようになるので、押せるようになったらクリックしてください。
XAMPインストール方法08

続けてwordpressのインストールを行う場合は、チェックボックスにチェックを入れてください。
チェックを入れたらFinishボタンをクリックしてください。
XAMPインストール方法10

以上でXAMMPのインストールは終了になります。

XAMPPの設定

wordpressが動くように環境を構築します。
XAMPPを起動すると下記の画面が表示されますが、デフォルトの設定のままSaveボタンを押してください。
XAMP言語選択

下記の画面が表示されますので「apache」と「MySQL」のStartボタンを押してください。
XAMP開始方法

「apache」と「MySQL」のModuleの項目が薄緑色に変化すれば正常に動作しています。
「apache」と「MySQL」の動作を止めたい場合はStopボタンを押してください。
XAMP動作確認

続いて、MySQLのAdminボタンを押してください。
XAMPデータベース画面

下図の画面が表示されますので、データベースの項目をクリックしてください。
XAMPデータベース設定

データベースの名称と照合順序を設定して作成ボタンを押します。
XAMPデータベース設定完了

下図のようにデータベース名が表示されれば設定は完了です。
XAMP設定方法07

以上でXAMPPの設定は終了になります。

wordpressのインストール方法

wordpressのダウンロード

まずはじめに、wordpressをダウンロードします。
下記のwordpressの公式サイトからwordpressをダウンロードしてください。
公式サイト:https://ja.wordpress.org/
wordpressダウンロード
ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルを解凍して、
XAMPPをインストールしたフォルダ内の「htdocs」フォルダに解凍したフォルダを移動させてください。
wordpress設置

フォルダの移動が完了したら、下記のURLにアクセスしてください。
http://localhost/wordpress/wp-login.php

下記の画面が表示されますので「さあ、始めましょう!」をクリックしてください。
wordpressログイン画面

下記の画像を参考にして、各項目に入力をしてください。
wordpressログイン画面_入力

下記の画面が表示されますので「インストール実行」をクリックしてください。
wordpressログイン画面_インストール

下記の画像を参考にして各項目に入力してください。
wordpressログイン画面_入力2

インストールが完了しました。
ログインボタンをクリックしてください。
wordpressログイン

設定したユーザー名とパスワードを入力してログインボタンを押してください。
wordpressログイン2

下記の画像のように管理画面が表示されればインストールは無事完了です。
wordpress管理画面

最後に

いかがでしたか?
ローカル環境を構築する際にはセキュリティの設定を考慮しないので、
意外と簡単にインストールが完了しますね。

ではまた!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
網干 裕介

網干 裕介

コーダーの網干裕介(あぼしゆうすけ)と申します。webサイトは見た目が非常に重要なのですが、サイトを構成するソースコードも見た目が重要だと考えています。内も外も魅力的なコンテンツが作れる人物になれるよう、日々努力しています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る