記事の詳細

前回の記事

検索順位に直接影響がないからWEBサイトには構造化データをマークアップしなくてもいいって本当?
インターネットの検索とはなんぞ、というお話先日Google Home Miniがインクループにもやってきました。この子に「インクループの電話番号教えて!」と尋ねると、インク...

2020年までには検索の50%が音声検索に? 今できる音声検索最適化とは

https://www.suzukikenichi.com/blog/how-to-optimize-voice-search-in-winter-of-2018/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=FeedBurner

上記の記事で、音声検索最適化に現状で取り組むことができるものとして、4項目があげられています。
Googleのウェブマスター・トレンド・アナリストのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が音声検索の最適化について説明している動画があります。

4項目は以下の通り。

  • 構造化データ
  • 音声検索の回答に利用されやすい文
  • 音声アクション
  • 音声アシスタント

構造化データは音声検索に必須となってくる可能性大

音声アクションとは「声で反応する検索行動そのもの」と考えたほうが呑み込みが早いかもしれません。オーディオやビデオによるWEBログの定義であるポッドキャストや、ニュースなどのコンテンツは、声で呼びかければ何かしらのアンサーがあります。
音声アシスタントとは、Google Home、携帯電話、テレビ、スピーカーなどに搭載されているGoogleアシスタントに音声サービスを提供するActions on Googleのような、「声で反応する道具そのもの」と言えるでしょう。

いずれも独自の開発が必要になってくるので、現状では音声検索最適のための施策としてはハードルが高めです。
現在、レシピ、ニュース、ポッドキャストのコンテンツに、Googleアシスタントのアクションが対応しています。今後こういった対応するコンテンツは増加していくでしょうが、これらに必要な情報はすべて構造化データが利用されるようです。

ますます「検索順位には直接関係ないから構造化データは格別急ぐ必要はない」などと言っていられなくなりますね。

 

以下、書き換えとコピペでできる構造化データです。最低限のもので構築してありますので、足したり引いたりはご自由に。

ボキャブラリはこちら http://schema.org/

企業や会社向けの「構造化データ」サンプル

ショップや個人店の「構造化データ」サンプル

マップの緯度・経度はこちらから調べられます。http://www.geocoding.jp/(Geocoding)

WordPressを利用した場合の記事に対する「構造化データ」サンプル

シングルページに挿入します。

パンくずリストの「構造化データ」サンプル

パンくずリストが自動出力される場合はMicrodataでの出力のほうがらくです。

検索窓、サーチの「構造化データ」サンプル

Wordpressのウィジェットなどで実装する場合は「searchform.php」に直接Microdataで書き込んだ方ががらくです。

その他構造化データマークアップに参考になるサイト

その他の構造化データのサンプルはこちらから

https://developers.google.com/search/docs/guides/

リッチリザルトの結果が一覧で見たい場合はこちらから
Search feature gallery(https://developers.google.com/search/docs/guides/search-gallery)

コンテンツ一つ一つの構造化データのサンプルが見たい場合は「FeatureGuide」を参照。

構造化データテストツール
https://search.google.com/structured-data/testing-tool/u/0/

構造化データマークアップ支援ツール
https://www.google.com/webmasters/markup-helper/u/0/

Google Search Consoleを利用すると、データハイライターでビジュアル的にタグ付けをすることが出来ます。

データハイライターヘルプ
https://support.google.com/webmasters/topic/2692946?hl=ja&ref_topic=4599161

 

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る