記事の詳細

以前に、弊社ブログでキーワードのチェックツールとして「Serposcope」をオススメする記事を書きました。

キーワード数、URL数無制限!検索順位を毎日チェックするツールSerposcopeを使おう!
自社のWEBサイトに加えて、ライバル他社のWEBサイト、または個人で運営しているWEBサイトなど、WEBサイトの検索順位ってやっぱり気になりますよね。みなさんは検索順位...

Webサイトのキーワードのチェックに役立つ「Serposcope」ですが、最近はエラーで止まってしまう事が多くなりました。
私も午前1時から自動で回して毎日チェックをしているのですが、稀に止まってしまう事があります。

そのため、今回は「Serposcope」でキーワードの検索が止まるエラーの解消方法について記事にします。

何故チェックツールが止まってしまうのか?

Serposcopeでエラーが発生したときは、とりあえずログを確認してみましょう。

ログの確認方法

メイン画面のヘッダーにある「ADMIN」をクリックします。
メニュー

メニュー内の「LOGS」をクリックします。
ログ選択

エラーが発生した日付のログをクリックするとログが確認できます。
エラーログ

ログからエラーを検索する

文字が大量に並んでいると思いますが、その中で「ERROR」という文言を探してみます。
※GoogleChormeのブラウザであれば、キーボードの「Ctrl」+「F」で文字検索の入力欄が出てきますので、そこに「ERROR」を入力して検索をしてみてください。

すると、下記のようなエラーが出てきます。
エラー内容

下の行には「stopping the thread」というログも残っていますので、ここが止まってしまった原因であることが考えられます。

とりあえず「ERROR_CAPTCHA_NO_SOLVER」の文言をGoogleさんで検索してみると、どうやらGoogleさんが検索画面で画像認証を求めたため、システムが止まってしまったようです。
参考記事:検索順位チェックツール「Serposcope」がタスクエラーを起こした時の対処法

では、この「ERROR_CAPTCHA_NO_SOLVER」はどのように解消するのでしょうか?

参考記事のサイト様では外部サービスやプロキシを活用して回避する方法が書かれていますが…、
そもそも、このエラーはGoogleさんが短時間の連続アクセスを防ぐために実施しています。
そこを考えると、単に回避すればよいというものでもないように感じます。
※個人の感想です

なので、もっと良い方法はないかと考えた結果、下記のような解決方法をとることにしました。

チェックツールが止まらないようにする方法(エラー解決方法)

短時間での連続アクセス制限に引っ掛かっているのであれば、チェックの間隔を空ければ問題ありません

実際に、自分もチェック間隔を空けることで対処しましたので、その設定の方法を紹介致します。

チェック間隔を設定する方法

メイン画面のヘッダーにある「ADMIN」をクリックします。
メニュー

メニュー内の「GOOGLE」をクリックします。
google選択

設定画面の「Pause」項目の「Min」と「Max」がチェック間隔の最小と最大の設定になりますので、自分は「170」と「200」に設定しています。
※この設定値は2018年6月25日時点でエラーにならない値となっています。もしエラーが発生した際には、更に時間を延ばしてください。
検索の間隔

数値を変更したら、画面下の「Save」ボタンを押して保存をします。
設定の保存

これで、取得の時間は長くなりますが、エラーが発生せずに確実にキーワードのチェックが行われます。

もし、Serposcopeのチェックが止まってしまう方がいましたら、本記事の内容を試してみてください。

ではまた!

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
網干 裕介

網干 裕介

Webサイト制作の際に活用するJavaScript、PHP等のプログラム関係を担当しています。過去にはC、C++、C#等を活用したソフトウェア開発も行っていました。小難しい記事を書くことが多いのですが、本人はそこまで小難しい性格……じゃなければ良いなぁと思ってます!

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る