記事の詳細

Photoshopで写真を開くとき、自動的にAdobe Camera Rawが立ち上がることがあります。
Adobe Camera RawはPhotoshopのプラグインとして組み込まれているRaw現像ソフトで、現像処理を行うことができます。

Rawデータとは

記録形式の一種で、高品位な写真編集を行うことができます。、
デジタル一眼レフなどの一部のカメラには、レンズがとらえた光の情報をデジタルデータに変換する部位(撮像素子CCD…Charge Coupled Device や CMOS…Complementary MOS)が搭載されています。Rawデータとはこの「ナマ」「未加工」のデータそのもののことで、JPEGよりも保持する情報量が多く、圧縮されていないため、非常にファイル容量が大きいのも特徴です。

写真を開いてスマートオブジェクト化する

Photoshop上で写真を開いたら、背景レイヤーをダブルクリックしたのち、スマートオブジェクトに変換しましょう。スマートオブジェクト化したオブジェクトは、その上にいかなるフィルター処理、調整処理、レイヤー効果を行っても、原本の写真の状態を保持して置くことができます。

Camera Rawフィルターを起動する。

フィルターを起動すると以下のような画面に変わります。

ツールパレットをクリックしていくと、内容のパレットが変化していきます。基本動作はほぼほぼこれだけですが、右下部分の「Y」を押すと、補正前・補正後の画面が比較できるようになります。

 

「基本補正」で全体的に白っぽく色を飛ばす

特に明瞭度を徹底的に下げると写真らしさがなくなります。

 

「ノイズ軽減」でデティールを飛ばします。

マットな仕上がりを目指して、細かい部分をどんどんなくしていきます。ノイズ軽減の「輝度」「カラー」は項目を選択することによりより細かい設定が指定できるようになります。
この処理が終わったらOKを押します。

通常のフィルターで整える

ピクセレートから「面を刻む」を選択し適応します。

また、「表現手法」から「油彩」を選択し、画像のように設定します。

最後にトーンカーブで色調を整えて完成。

ベースの写真の比較

ビフォー

アフター

 

写真の細密さをそのまま残しながら、なんとなくイラストテイストにしてみました。割と料理なども快適にイラストっぽくできます。

 

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

コメントは利用できません。

AD

ページ上部へ戻る