記事の詳細

先日、こんなショートメッセージが届きました。

え!?利用料金の精算確認が取れていない!?
自分が最後にAmazonで購入したのは、勢いだけで買ったよくわからないドレッシングだけなのに…。
ドレッシングの代金が引き落とされていることは確認済みで、しかも半年以上前の出来事なのに…。

いやいや、さすがにドレッシング一本で法的手続きはAmazonさんとしても余計な労力でしょう。
ということで、色々と調べてみました。

電話番号を調べてみる

インターネットが普及した現代では、意外と電話番号の大まかな情報は出回っています。
試しにGoogleで電話番号を検索してみるとわかるのですが、大抵の「架空請求」「悪徳業者」「しつこいセールス」等の電話番号は何かしらのサイトに情報が登録されています。

今回の件に関しても、電話番号を検索してみると「電話帳ナビ」様に下図のような登録がされています。

実際のページはこちらをご覧ください。

電話帳ナビ様のコメントにも書かれていますが、どうやら個人情報を聞いて、更に請求をしてくるみたいです。

ということで、今回のショットメッセージに関しては架空請求の業者からのメッセージだったようです。

見慣れない電話番号はまず検索して確認しましょう

今回のように、SMSで電話番号を送られてきたり、着信履歴に見知らぬ電話番号の履歴が残っていたら、まずはGoogleさんで検索してみましょう!

電話番号を検索すると、企業さんであればWebサイトが出てきますし、迷惑電話であれば電話帳ナビ様のような電話番号の情報サイトで何かしらの情報が掲載されていると思います!

古典的な方法ではありますが、皆さんも引っかからないように注意しましょう!

ではまた!

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
網干 裕介

網干 裕介

Webサイト制作の際に活用するJavaScript、PHP等のプログラム関係を担当しています。過去にはC、C++、C#等を活用したソフトウェア開発も行っていました。小難しい記事を書くことが多いのですが、本人はそこまで小難しい性格……じゃなければ良いなぁと思ってます!

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る