記事の詳細

相模原市の田名にある「児童養護施設 中心子どもの家」の夏祭りにご招待をいただいたので、田中と二人で訪問させていただきました。

児童養護施設 中心子どもの家とは?

『保護者のない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を必要とする児童を入所させて、これを養護し、あわせてその自立を支援することを目的とする施設』であり、相模原市の場合、田名地区にあります。(近隣の市にもあります。)

http://kodomo.chusinkai.net

夏祭りの様子

写真を撮ってきたので紹介させていただきますね!(※子どもたちのプライバシー保護に配慮した写真です。許可を頂いて掲載しています。)

施設の一番広い部屋が夏祭り会場です。

子どもたちが自分達で企画したお店があります。

じゃんけんをするとお菓子やおもちゃが貰えるお店。

焼きそば屋さん。イタリアン焼きそばと名付けられていて、トマトソースをトッピング可能でした!

子どもたちが作っているのを大人が少しだけお手伝いしています。
お手伝いをしているのは相模原ケータリング協会の木名瀬さんです。

 

ミニしゅうまい屋さん。皮に包むのも子どもたちがやっていて、とても上手に作っているんです!

異色のチョコたこやき。練乳をかけて食べます。最初は驚きましたが、食べるととても美味しい♪

オシャレなフルーツティーも。フルーツのシロップ煮が入っています。これもとても美味しいんです!

多くの畳の部屋ではマグネット作りと、コップ並べゲームも!

夏祭りの題目。

流行りのTWICEのTTダンスを子どもたちが練習して踊るという・・難しいのにすごいなぁ。
※仕事の都合で最後まで見ることができなかったのが残念です。。。

FMさがみの大塚さん。
スタッフの皆さんと一緒にボランティアで毎年夏祭りをお手伝いしているそうです。
本当に頭が下がります。来年は弊社もぜひお手伝いさせていただければと思います。

笑顔が溢れる楽しい夏祭りでした!

やはり子どもが楽しんでいる姿を見ると力が湧いてきます。消防団でも子ども向けのミニ夏祭りを毎年やっていることもあり、子どもが元気に遊ぶ姿を見ていると、この子達の未来のために大人としてしっかり頑張らないと!!と思ってしまいます。

今回の夏祭りをとっても楽しみにしていたようで、笑顔が溢れる夏祭りでした!

ご招待していただき、ありがとうございました!!

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。元研究所勤めの根っからの理系。通信プロトコルの標準化をしていたと思ったらWEB業界に転身することに。好きな言葉は「利他の心」。嫌いな食べ物は「ナマモノ全部」。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る