記事の詳細

やわらかい印象と聞いて、どのような言葉を連想しますか?

  • ふんわり
  • 暖かい
  • 陽だまり
  • ソフト

これらを連想させるには赤や黄色などの暖色系の配色が似合います。
また、ピントがくっきりしているより、ぼかした方が柔らかさが出ます。

以上の理由から、やわらかい印象を与えるフォトレタッチのポイントは2つ。

  1. 暖色系にする
  2. ピントをソフトフォーカスのようにぼかす

さらにソフトな感じを表現するにはコントラストは下げると効果的です。
ハッキリくっきりコントラストが高い写真はソフトというよりはクールな印象に近くなってしまいます。
陽だまりのような太陽の暖かさを表現するために写真全体を明るめに補正してもいいですね。

それではPhotoshopで実践してみましょう。

今回は、以下の画像をやわらかい印象に仕上げてみたいと思います。
レタッチ前の画像

ステップ1 ピントをぼかしてソフトフォーカスにする

単純にぼかしてしまうとピントの芯が残りません。ピントの芯を残しつつ、ソフトな印象にするテクニックを身につけましょう。

[レイヤー]→[レイヤーを複製]をクリックします。
レイヤーを複製

[OK]をクリックします。
レイヤーパネルを表示し、レイヤーのコピーができていることを確認します。
レイヤーパネル

[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]をクリックします。
ぼかしガウスの手順

適用量を調整して[OK]をクリックします。今回は半径を8.0pixelに設定しました。
ぼかし(ガウス)の設定画面

レイヤーの描画モードを[オーバーレイ]にします。
オーバーレイ

写真にソフトフォーカスがかかったようになります。
ソフトフォーカスになった写真

ステップ2 写真を暖色系にする

[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[レンズフィルター]をクリックします。
調整レイヤーの操作手順

カラーを[イエロー]にし、[OK]をクリックします。
イエローを選択

適用量を設定します。今回は25%に設定しました。
レンズフィルター適用量

やわらかい印象の写真になりました。
レタッチ後の写真

いかがでしたか?
Photoshopでレタッチシリーズ、今回は「やわらかい印象に仕上げるフォトレタッチ術」でした!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る