記事の詳細

先月は弊社のWEBサイトのリニューアルを行いました。テーマとしては、情報のリーチ率と回遊性の改善でした。

情報のリーチ率としては、見たい情報に少ないステップで早く到達できるということを、回遊性の面ではユーザがランディングしたページから他の情報にも興味を持って回遊してもらえるようにすることに重点を置いたリニューアルとなりました。

リニューアルして約1ヶ月が経過しましたが、前月比でどのようになったでしょうか?

ユーザ数1.6倍、ページビュー数1.8倍を達成!

2014年12月と2015年1月のセッション数の比較ですが、青の線(2015年1月)がオレンジの線(2014年12月)を大きく上回っているのが分かります。

analytics_201501_1

次は各パラメータの数値の比較ですが、全パラメータにおいて、大幅に改善しています。

ユーザ数の増加率65%に対して、ページビュー数の増加率が約82%となっているということは一人あたりが閲覧するページ数が増加したということになります。回遊性を高めるという一つの目標は達成できていることが分かります。また情報へのリーチ率という面では直帰率がわずかですが低下しているのでトップページや、その他のページにランディングしたユーザが何らかの情報に関心を持ち、クリックしてくれたということです。改善率としては低いですから、まだまだ改善が必要が必要だと考えています。

回遊性の改善で1.8倍にページビューが増加

流入が増えた要因は?

流入先としては全ての流入経路で増加しているのですが、特にOrganic Search(検索エンジンからの流入)が実数ベースでは大きく伸びています。また、Socialからの流入も大きく増加しています。

これらことから、以前使用していたCMSより、今回リニューアルで使用することになったWordPressのほうが検索エンジンとの相性が良いのではないかということが考えられます。

また、Socialが伸びた要因としては、過去記事「WordPressのブログをFacebookや他のSNSに投稿するならJetpackが便利!」でも紹介させて頂きましたJetpackを使用してFacebook、Twitter、Google+にも同様の記事を投稿するようにしています。元々の母数が小さいので変化率がものすごいことになっていますが、こちらに関しては来月移行どのように伸びていくのか関心を持ちたいと思います。

オーガニック検索からの流入が大きく増加

最後は人気記事ランキングです!

これまで人気記事を独占してきたのですが、今月は代表の唐澤に負けてしまいました。。。

3ステップでWord文書を画像(JPEG)に変換してみる」が今月のNo.1に輝きました。ページビュー全体の15.2%を獲得しており、今回のページビュー数の増加に大きく貢献しています。

代表の記事が大人気!!

2015年1月のアクセス解析は大きくセッション数、ページビュー数が伸びた要因について考察してみました。まだリニューアルから1ヶ月未満なので今後どのような変化が出てくるのか注視していきたいと思います。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る