記事の詳細

アイ・オー・データから発売中の「ポケドラCloud」がかなり魅力的な機器なので紹介します!

クラウドにデータを保存するとなると、一般的にはDropbox、Googleドライブ、Oneドライブなどが挙げられます。弊社でもこれらのサービスを活用させて頂いているのですが、そんなクラウドストレージを低価格でしかも超簡単に自作することができる機器がこのポケドラCloudです。

hls_c_img02_1

データ保存容量は最大2Tバイトまで対応可能なのに、月額費用は不要!

このポケドラCloundは外付けハードディスクのような機器で、家庭内またはオフィス内のLANに接続するだけで、クラウドストレージ化するというデバイスです。

インターネットで提供されているクラウドストレージは有料だったり、最大保存容量に上限があったりするなどの条件があるのですが、このポケドラCloudの場合、容量は500G、1TB、2TBのいずれかを選択することができ、また月額料金はインターネット接続料金だけなので、既にネット環境があるのであれば、新たな月額料金は不要ということになります。

パソコン、スマホとデータを同期、さらに2台接続すれば自動バックアップまで実現

このポケドラCloud、本当にいたれりつくせりでセットアップはパソコンいらず。

しかも、同期用のアプリまで抜かりなし。さらに2台のポケドラCloudを同期させることができるので、不慮の事態のバックアプ体制まで構築することが可能という素晴らしい設計です。

Googleドライブに月額1000円支払うか、これを買うか・・・

弊社は現在Googleドライブを利用しているのですが、無料の容量ではちょっと不足感が漂ってきました。

そこで月額1000円を支払ってデータ容量無制限にしようかなと思っていたところなので、かなり悩ましい選択です。

通常のクラウドストレージとは異なり、ローカルLANからは高速にアクセスできるのが利点の一つです。

hls_c_img02_2

500GBだとamazonで14,000円くらいでした。

うーん、悩みます・・・。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る