記事の詳細

こんにちは。
第2回 相模原はるマルシェ&相模原カスタムカーフェスティバルが終わり、1週間が経ちました。
これからフォト講座(初)、第4回 プログラミングコンテストが動き始めています。

本日は2019年6月以降に開催するインクループで行うイベントをご紹介していきます。
※一部まだ日程が確定していないものもございます。

 

6月6日(木):ちょっとした工夫で素敵な写真を撮ろう! スマホでもここまで出来ちゃうカメラマンが教えるスマホフォト講座開講

今週の木曜日にあります、

ちょっとした工夫で素敵な写真を撮ろう! スマホでもここまで出来ちゃうカメラマンが教えるスマホフォト講座

の開講です。
インクループではハンドメイド関連のイベントを3つ運営しており、ハンドメイドクリエイターから「写真がきれいに撮れる講座があったら参加したい」という要望があり実現しました。

このフォト講座ですが、まだ空きがございます。
気になる方は下記リンクよりお申込み可能です。

https://sagamihara-handmade.org/cat-info/2019/04/11/photoschool-vol1-20190606/

<概要>

日にち:2019年6月6日(木)
時間 :13:30~15:00
場所 :相模原市民会館 2階講習室
MAP :https://goo.gl/maps/oF6sukiJDJo
参加費:2,000円/人
対象者:ハンドメイドクリエイターもしくはワークショップ(講座の日にご自身で作った作品をお持ちいただきます。)

このフォト講座ですが、初めての取り組みです。
私もどのような講座になるのか、とても楽しみです。

 

8月25日(日):第4回 相模原小・中学生プログラミングコンテスト

※ポスターはβ版です。変更となる場合があります。

このプログラミングコンテストは1年前から始まり、今年の夏で4回目をむかえます。
相模原市ではプログラミングの授業を行うところは増えてきていたのですが、学んだものを発表する場がなく、誰もやらないのであれば自分達で開催してしまおう!
という事で始め、第4回まで来ました。

毎回、クオリティが高い作品が登場し、「これを小学生が作ったの!?」と驚いています。

第1回~第2回までの過去実績は下記リンクより確認ができます。

第1回 相模原小・中学生プログラミングコンテスト
第2回 相模原小・中学生プログラミングコンテスト
第3回 相模原小・中学生プログラミングコンテスト

第4回はロボット部門を新設!

今までソフトウェア部門1つでしたが、第4回からソフトウェア部門とロボット部門の2つになります。
今回はロボット部門が設けられ、コンテストも更に盛り上がること間違いなし!

今年の夏休みには小学3年生~中学3年生を対象にした夏休みゲーム・ロボットオリジナル制作特別講座が開講されます。
これらの講座からもプログラミングコンテストにエントリーできるようになっています。

※下記画像をクリックしますとPDFファイルが開きます。

ただ作るだけではなく、自分の言葉で第三者に向けて発表するスキルも学ぶ事もできるので、学びの多い夏休みを過ごす事になるのではないでしょうか。

 

12月?相模原クリスマスマルシェ Season2

初めて相模原住宅公園さまとコラボレーションしたハンドメイドのイベントです。
せっかくクリスマスなんだからクリスマスの仮装をしたハンドメイドイベントがあってもいいじゃないか!
という事で、クリスマスの仮装OKにしたハンドメイドイベントです。

また運営側からのクリスマスプレゼントを兼ねた大抽選会も反響が大きいイベントとなっています。

第1回のSeason1は、住宅公園内の駐車場が130台のところに750台の車の来場があり、終始満車状態が続きました。

その相模原クリスマスマルシェSeason2は12月8日(日)で進めています。
日程等が確定次第お伝え致します。

 

イベント一緒にやりませんか?

私たちがイベントを始めたきっかけは2つあります。

1つは相模原市の活性化です。
イベントの運営をして思ったのが、

本当に大変である!という事です。
たった1日のために3カ月~半年前より企画を考えます。
おまけに収益はマイナスでボランティア要素が高く、1人では到底できません。

ですが、企業に属していれば一人ではありません。

「誰もやらないなら、自分達でやろう」

という事ができます。

その結果色々なことをやるようになり
インクループさんってなんの会社なの?
って言われるようになるのですが…

 

2つ目は子供達のためです。

私は知ること、体験することの大切さを大人になってから知りました。
大人になり色々な事を経験することで視野がとても広がりました。
きっと自分と同じように大人になって気づいたことがある人も多くいるのではないでしょうか。

ですから、自分達が運営するイベントの中には子供が楽しく体験や知る機会となるような企画を盛り込んでいます。

今までは「イベントをまず1回目を開催しよう!」という事で動いてきましたが、次は開催するイベントの理念に共感し、一緒にやっていく仲間を見つけるという段階だと考えています。

 

「運営、ボランティア、協賛」なんでもよいので、一緒にやっていきたいという方はcontact@incloop.comまでご連絡下さい。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
田中 優樹

田中 優樹

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
助成金、社内事務、イベント運営と、製作部隊ではなく裏方作業担当の田中です(^^♪ 助成金は「自分達で調べ申請する」シリーズで作成しています。 やりたい事色々。相模原を盛り上げたい!世界と日本をつなぎたい!!以上!!

ほかの投稿も読んでみませんか?

コメントは利用できません。

AD

光回線受付センター
ページ上部へ戻る