記事の詳細

何事も学ぶに大切なのは

  • 面倒くさがらない
  • 言い訳しない
  • 地道にコツコツ

の三点です。努力忍耐根性とはよく言ったものですが、私も大嫌いな言葉です。人間ラクができるならいくらだってラクをしたい生き物です。
デジタルにおいてテクニカルなスキルは合理と論理だけでできていますので、いずれのチュートリアルもブラッシュアップにブラッシュアップを重ねて日々改善が繰り返されています。PDCAのサイクルめちゃ早です。つまり下記は「必要最低限の努力忍耐根性」の範囲で、クリアできればもう「イラレ使えるよ」と胸を張っていいのです。「Illustratorの使い方」と「デザイン」はまた別のジャンルですからね。

下手に本を買ったり、学校に行ったりするよりも、まずはWEBと動画で学ぶが吉だと個人的には思います。
とくにIllustratorは「好きになるまでが大変」なソフトで、好きになってからは早いのです。

今日から始めるIllustrator

https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/tutorials.html

今日から始めるIllustrator

AdobeのサイトにはIllustratorのチュートリアルサイトがあります。
「初級」「中級以上」とありますが、初心者さんはとにかく「初級」の「今日から始めるIllustrator」の4ステップをマスターしちゃいましょう。

ざっと一週間あればまったりゆったり覚えられるレベルでのスケジュールです。復習して反復して「完璧!」にしてから進むなら2週間。

Illustratorの基礎

Illustratorの基礎

上記「今日から始めるIllustrator」がなんとなーく理解出来たらこちらのコンテンツができるだけのスキルが身についています。うそじゃないですよ。
「オリジナルのポップアートの作成」のコンテンツとか今見ても「あ、そっかーそうすればいいんですよねー」なんてなるときがあります。

Illustratorの基礎|オリジナルのポップアートの作成

世界の片隅でデザイナーでやっててもたまにふらりと訪れると新しい発見があるものです。

Illustrator 応用とテクニック

Illustrator 応用とテクニック

「1分でわかるIllustrator」とか書いておきながら所要時間が軒並み5分越えなのはどういうことなんでしょうね。

「中級以上」をクリックすると様々なテクニックの紹介が出てきます。

軽くコレやってみましょう。

スタンプ風のかすれの作り方

画面ではすでに完成されたイラストが出てきていますが、ノー素材からスタンプ的にうまく利用できそうな素材をいくつか作成します。

かすれスタンプの作り方

ありがちな素材。いずれもシェイプツールから作成したものです。ひとまずパスラインを遊ばせたいので以下の通りフィルタを適応します。

かすれスタンプの作り方 かすれスタンプの作り方 かすれスタンプの作り方
アピアランスを分割し、パスの状態にしたのち、これに内側に光彩を入れます。

かすれスタンプの作り方

さらにこれにメゾティントを適応。

かすれスタンプの作り方

さらにこれにスタンプのフィルターを適応。

かすれスタンプの作り方

効果の項目はいずれも動画内で紹介されているので各自チェックですよー!

かすれスタンプの作り方

いい感じにスタンプになっていますね。
アピアランスを分割を適応、さらにラスタライズして画像にします。そのまま画像トレース。

画面小さく作りすぎちゃったので画像トレースは「写真高精度」で行っています。

かすれスタンプの作り方

色を変えるとこんな感じ。

かすれスタンプの作り方

だいたい30分くらいでした。これなら素材探すより自分で作ったほうが早いなぁ! となりました。

かすれスタンプの作り方 かすれスタンプの作り方 かすれスタンプの作り方

Illustratorのチュートリアル

Adobe本家のチュートリアルも非常にお勉強になるのですが、こちらのサイトも面白いチュートリアルがいろいろ。

こう見ると日本語のIllustratorチュートリアルサイトって少ないんですねぇ。

ともあれ数こなせ、です。初心者さんは少しずつ頑張って学習していきましょうね。

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る