記事の詳細

+ボタンなどを押して展開したり、「続きを読む」などのボタンを押すと同じURLのままで内容が展開するようなギミックを実装しているホームページってありますよね。

そんなCSSやJavaScriptを使って実装しているコンテンツがGoogleの検索対象の結果にならなくなるかもしれないとの記事がありましたのでご紹介します。

いつも読ませて頂いている「海外SEO情報ブログ」様によると・・・

詳細はリンク先の記事を読んで頂けば分かるのですが、JavaScriptのonLoadを使って実装している内容をGoogleがインデックスしていないようだという投稿がきっかけとなっているようです。

しかも、site:コマンドと併用すると検索結果として現れるのに、キーワード単体だと検索結果として表示されないそうです。

正確にいうと、インデックスはされているけど、キーワード検索の対象にはなっていないということです。

テーブルなどの折りたたみでWordPressのプラグインを活用しているのですが・・・

パソコンで表示する場合は良いのですが、スマホで表示する際にはテーブルなどは幅を取ってしまいますので、どうしても見づらくなってしまったりします。

そんな場合にWordPressではFooTableなどのjQueryプラグインを活用していたりします。

テーブルが見やすくなるので重宝しているのですが、これらも対象になるのでしょうか。。。

このような見せ方はUXを悪くさせるようなものではないと思うのですが、今後の状況を注視していきたいと思います。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
代表取締役。京セラ株式会社 機器研究開発本部に配属後、EV-DO通信プロトコルの開発、北海道洞爺湖サミットにおけるマルチワンセグメントサービスの実証実験用端末の開発、京セラ初のHEMSとなる「ハウスマイルナビィ」の企画・ソフトウェア開発を経て、現在ではインターネット時代におけるWEBサイトの活用・運用に関する企画・提案、セミナー等においてこれまで培ってきたノウハウの提供に力を入れている。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る