記事の詳細

アイキャッチという言葉をご存知でしょうか?ブログを書く上でタイトルと並んで重要な要素の一つです。

今回はアイキャッチの重要性の確認と、関心を得ることができるアイキャッチの作り方を紹介したいと思います。

アイキャッチとは?

アイキャッチとは、アニメ、特撮番組等の中盤でのCM放送前後に映される番組タイトルクレジットのこと。
番組終了時の提供クレジット背景またはその後に流されるものを特に「エンドカード」と呼ぶ。
作品により、毎回固定の映像を流す場合や、各話ごとに異なる演出の物が存在する。

Wikipediaより

ブログのアイキャッチとはそのブログに書かれている内容を表現したり、関心を持ってもらったりする上で重要な要素となります。アイキャッチの有無でCTR(Click Through Rate)が異なるほどです。ですから、ページビューを伸ばしていく上で適切なアイキャッチを設定することは非常に重要な作業であると言えます。

実際に見比べてみると分かりやすい

以下の画像は弊社のブログの一覧で一方はアイキャッチ有り、一方はアイキャッチ無しにしたものです。

比べてみれば一目瞭然ですね。アイキャッチが合ったほうが関心を惹きやすい事が分かります。

また、アイキャッチがあることでブログの内容も伝わりやすくなっています。アイキャッチ無しの場合はタイトルを読んでいく必要がありますが、アイキャッチがあればザーッと見ていくだけで自分の関心のある内容に辿り付くこともできます。

アイキャッチ有り アイキャッチ無し

アイキャッチが重要であることはお分かり頂けましたでしょうか?

では、次に関心を惹きやすいアイキャッチを実際に作っていきたいと思います。

実践!関心を高めるアイキャッチの作成

以下のピーマンの画像を使って、アイキャッチを作っていってみたいと思います。

ピーマンがお皿の上に乗っている写真です。これだけでもちょっと関心高い写真ですよね。アイキャッチのベースとなる写真の選択も重要です。(※ フリー写真は写真ACさんをよく活用させて頂いております。)

20150608_eye_04

文字を入れてみます。これだととりえあず文字を書いただけって感じですよね。

20150608_eye_05

「秘密」の文字サイズを大きくして、文字のどこに注目を集めて欲しいのかを強調するようにしてみました。

秘密を強調することで、人間の探究心に訴えかける要素を強くしています。

20150608_eye_06

文字が読みやすいように縁取りを入れます。

文字が小さかったり、読みづらいと瞬時に判断ができなくなってしまうのでCTRが下がってしまいがちです。

20150608_eye_07

イラストも挿入して、秘密感を強調してみました。

このようにするとこの画像を見た人はこのブログにはピーマンの面白そうな秘密が書かれているに違いないっ!と思ってくれる割合が多くなったのではないでしょうか。

20150608_eye_08

文字入れと簡単なイラストを入れただけですが、写真だけのアイキャッチよりも関心を惹きやすくなっていることがお分かり頂けたと思います。

最初と最後で比較するとこんな感じです。

どちらのほうがクリックしてみたいでしょうか?

20150608_eye_04 20150608_eye_08

アイキャッチの基本は一瞬で内容を理解してもらい関心を持ってもらうことです。アイキャッチにたくさん文字を書いてしまっては目的を果たすことができなくなってしまいますのでご注意を。

面倒だからと手を抜くことはせず、一瞬で理解と関心を得ることができるアイキャッチ作りを心がけましょう!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。研究大好き。WEBサイトから取得したデータを解析し、お客様に喜んで頂ける提案を導き出せた時の嬉しさが仕事の原動力です。好きな言葉は「利他の心」。京セラ名誉会長稲盛和夫氏から何度も聞いた言葉です。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る