記事の詳細

「商品紹介ページからお問い合わせページへ誘導できない。」「直帰されてしまう。」このようなときは、WEBページのどこかに問題があるわけですが、どこに問題があるかを分析する手法の一つをご紹介します。

段階的開示

一度に大量の情報を与えすぎてしまえば、ユーザーはその負荷に耐えられず諦めてしまいます。

調べ物をしているとき、ページをざっとスクロールしてみて「長いな・・・」と感じて離脱した経験はありませんか?

段階的開示とは、少ない情報を小出しにしてユーザーのストレスを軽減するとともに正しい理解を促すものです。

情報は少ないほど正しく処理されます

特に、複雑な説明が必要な商材はその説明ページが長くなりがちです。その長さにも気を使う必要があります。

ページを分割してみる

「商品概要」「サービス事例」「料金表」を1ページにまとめて掲載している場合、これらを3ページに分割します。

この結果をアクセス解析したところ、次の通りであったとします。

  • 商品概要ページが100ページビュー
  • サービス事例ページが30ページビュー
  • 料金表ページが20ページビュー

商品概要ページからサービス事例へは30%しか遷移していないことが分かります。
この結果から商品概要のコンテンツに問題があるのでは?とコンテンツ改善のヒントを得ることができます。

商品概要ページからサービス事例ページへの遷移をGoogle Analyticsで確認する

Google Analyticsにログインして、アクセス解析を行いたいビューを開きます。

dankaiana01

左のメニューから「行動」→「サイト コンテンツ」→「すべてのページ」をクリックします。

dankaiana02

製品紹介ページのアドレスをクリックします。

dankaiana03

「ナビゲーション サマリー」をクリックします。

dankaiana04

次のページ遷移の中から「サービス事例」ページのページビューを確認します。

dankaiana05

今回の例では製品概要ページから事例紹介ページへは1回しか遷移しておりません。
では、どこに問題があるのでしょうか。
続きは次の機会で書いていきたいと思います。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る