記事の詳細

denwa

 電話をしているとき「○○さんにFAXしてほしい」と、番号を告げられます。

忘れないように何度も頭の中で反復して記憶しようとしますよね。
このような短期的な記憶は「ワーキングメモリ」といいます。

ワーキングメモリはもろい・・・

FAX番号を覚えようと必死なときに「ところで、あの件どうなった?」などと別の話題を振られるとどうでしょうか。
そちらに気を取られ、次の瞬間FAX番号がワーキングメモリから消え去ってしまいます。
ワーキングメモリは非常にもろく、はかないものなのです。

ワーキングメモリの内容を保つには、常に記憶したい内容から集中を切らさない、集中力が必要です。

WEBページはワーキングメモリに優しいデザインを目指しましょう

前ページの内容をユーザーが覚えていると期待してはいけません。
まして入力させるなど、ユーザーにストレスを与えてしまいます。
不動産サイトの例では、電話でお問い合わせをする際に物件番号を伝えるとスムーズですが、電話番号の近くに物件番号を記載すべきです。

デザインというと見た目のかっこよさやクールさなどに目が行きがちですが、WEBデザイナーには、ユーザーにストレスをかけないよう機能的なデザインをする力が求められます。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
パソコン教室担当。UXデザインの講師として専門学校でも活躍。心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用が得意。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る