記事の詳細

WordPressのバージョンアップに伴って、対スピードテストもいろいろと変化しつつあります。

前までは高得点だったのに、今では見る影もない……という方も多いかと思います。インクループでも様々にテーマを試しながら、いったいどのようなテーマがスピードテストで高得点を取れるのか、ということを検証しています。

スピードテストはこちら。

以下もご参照ください。

グーグルさんが「読み込み速度も検索順位に影響するからね!」とアナウンスしてから「Webサイトは軽い方が良い」というざっくりとした認識が浸透しているように感じます...

 

Page Speed Insightsについて

PageSpeed Insights API(PSI)は、モバイル端末向けとパソコン向けの両方のページにおけるパフォーマンスに関するレポートと、そのページを改善する最適化案を提供するGoogleのデベロッパーツールです。
ページのパフォーマンスがよい=速さと表示上が高得点となり、近年ではこの速さがGoogleの評価に繋がっていると言われています。SEOを行う上で、Page Speed Insightsで高得点を出すことは大変重要です。

スコアが 90 以上であれば速い、50~90 であれば平均的と見なされます。50 未満は遅いと見なされます。

 

近年のWordPressを利用したPage Speed Insightsスピードアップの定石は?

WordPressを利用したWEBサイトでPage Speed Insightsをスピードアップするには以下のような事が必要でした。
伴ってよく利用されるプラグインをご紹介します。

上記の対策を行うと、プラグインがどんどん増えていきます。利用している他のプラグインと衝突し、表示がおかしくなることも多々。
WordPressでプラグインを多用したサイトは、Page Speed Insightsで高得点を出すことは難しいです。ですが、高得点のためにはプラグインをいれなければならない、という矛盾があります。

 

目的は「Page Speed Insightsで高得点を出すこと」ですか? それとも「ユーザーエクスペリエンス(UX)を高めること」ですか?

以下の6項目を改善できれば、Page Speed Insightsで高得点を獲得することができます。

WEBを表示する際、もっとも時間を消費するのは「JavaScript」。JavaScriptが多い、あるいは内容の記述が多いサイトほど低得点となります。

ですが、JavaScriptはサイトを良くする上で利用していることがほとんど。削減するにも限度があります。また、WordPressのプラグインはだいたいJavaScriptが利用されているケースが多いです。プラグインを多用すると、Wordpressを使ったサイトのスピードは遅くなっていきいます。

このため、ユーザーエクスペリエンス(UX)のためにプラグインを採用しているなら、Page Speed Insightsで高得点を出すことに躍起になる必要はないでしょう。

 

Page Speed Insightsで高得点を出すなら

JavaScriptを徹底的に削除する。

挿入するJavaScriptは最低限に。また、WordPressの定義済み関数を効率よく使いましょう。
JavaScriptやjQueryは<?php wp_head(); ?>ではなく<?php wp_footer(); ?>で読み込みましょう。

 

また、「Scripts-To-Footer」を利用してJavaScriptを一括でサイトフッターで読み込ませることができます。
ただ、全てのJavaScriptをフッターで読み込ませてしまうと、サイトの表示でエラーが出る可能性があります。特にjQueryは<?php wp_head(); ?>で読み込まないと、動かないプラグインも……。様子を見ながら利用しましょう。

 

Google fontsを利用しない。

Google fontsを利用するとPage Speed Insightsは遅くなります。「display=swap」の記載があっても、CSSの読み込みは遅く、Page Speed Insightsで指摘を受けます。いまのところ解決方法は判明していません。
読みやすさというUXよりもスピードを取る場合は、Google Fonts以外のフォントを利用しましょう。

ゴシック

明朝

 

画像の圧縮はプラグインを利用しない

以下のオンラインサイトなどを利用しましょう。

サーバーは高性能なレンタルサーバーを。

特に下記がおすすめです。

テーマ選びは慎重に。

WordPress5.3からデフォルトテーマになっているTwenty TwentyはGutenbergに対応しており、非常に高速なテーマです。何も手を加えていない状態だと、PageSpeed Insightsで必ず高得点を叩き出します。

その他にも以下のようなテーマがあります。

PHPのバージョンは可能な限り最新版に!

サーバーによって異なりますが、細かく確認していきましょう。

 

過度にPage Speed Insightsで点数を上げることにこだわらない!

あまり点数を上げることにこだわってしまうと、UXが良いとは言えないサイトになってしまいます。モバイルファースト対応や画像の遅延表示などできることはするべきですが、必ず90点以上を出さなければならないというわけではありません。

程よく折り合いをつけていきたいですね。

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
インクループ株式会社

インクループ株式会社

「お客様が嬉しくて思わず自慢したくなるような仕事の成果を提供する!」を全員の目標として頑張っています。そしてもう一つの目標が社員が世界一働きやすい会社になることです。従業員の幸せ、お客様の幸せ、そして社会に貢献することができる会社を目指して、社員全員の力を合わせて頑張っています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

コメントは利用できません。

相模原のお店やサービスをどんどん紹介!

行ってみよう相模原 相模原市のお店限定

飲食店

ページ上部へ戻る