記事の詳細

マイクロソフトの次期OS「Windows10」は今夏にリリース予定ですが、Windows7、Windows8、8.1ユーザは無料でアップデート可能です。

そんなWindows10に搭載されるブラウザは「Edge」(エッジ)という名前なんだそうです。

Microsoft Edge (マイクロソフト公式サイト)

Edgeロゴ「Edge」のロゴはこんな感じです。

機能1:ChromeやFirefoxと同じ同期機能を搭載

ChromeやFirefoxを利用しているユーザには既におなじみとなっている同期機能が、Edgeにもようやく搭載されるそうです。

同期機能とは何かというと、例えばChromeを例に挙げると、

  • パソコンのChromeで見ていた内容がスマホのChromeでも続けてみることができる
  • お気に入りがパソコンとスマホで共有
  • 履歴も共有

この辺りが同期されることのメリットです。特にお気に入りが共有されているのは非常に便利です。

Edgeの場合はLive IDで管理されることになるのかな。。。

機能2:Chrome、Firefoxの拡張機能やアドオンが使える

これはスゴイ機能です。

まだあくまで「予定」とのことなので正式発表を待ちたいと思います。

Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明

完全互換だと素晴らしいのですが、おそらくは。。。。

いずれにしてもWindows10楽しみですね!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
代表取締役。京セラ株式会社 機器研究開発本部に配属後、EV-DO通信プロトコルの開発、北海道洞爺湖サミットにおけるマルチワンセグメントサービスの実証実験用端末の開発、京セラ初のHEMSとなる「ハウスマイルナビィ」の企画・ソフトウェア開発を経て、現在ではインターネット時代におけるWEBサイトの活用・運用に関する企画・提案、セミナー等においてこれまで培ってきたノウハウの提供に力を入れている。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る