記事の詳細

夏も終わり、秋を感じる今日このごろ。。。朝晩の寒暖差で風邪を引いてしまった人も社内にチラホラ。

2017年が始まったばかりだなぁ・・と思っていましたが、気がつくとあと3ヶ月。

時間って大切だなぁ・・って改めて思った2017年8月のアクセス解析です。

インクループのWEBサイトの大敵は長期連休

まずはGoogleアナリティクスの結果から見ていきます。

7月もそれなりに影響を受けていましたが、夏休みど真ん中&お盆の8月はその影響がさらに出てしまっています。

2017年8月のアクセス状況のグラフ

2017年8月のアクセス状況の各数値

ユーザーの年齢別のユーザー数を夏休み前の6月と8月を比較してみます。

社会人のITフル活用世代(25歳~44歳まで)からのアクセスが大きく減少していることが分かります。

2017年8月のアクセス状況を年齢別で比較

休みであってもアクセス数を減らしたくないですよね。アクセス数を減らさないようにするためにはどういうコンテンツが有効なのか?

これまでも何度かこのテーマを取り上げてきましたが、改めて調査してみたいと思います!

夏にアクセス数が多いサイトはどこかを調査してみました!

2017年8月にアクセス数の多かったサイトを抽出してみました。(データ参照元:eMark+

GoogleやYahooなどがアクセス数は上位になってしまうので、ポータルサイトなどに関してはフィルタリングした結果となります。

2017年8月にアクセス数が多かったサイト

グラフから「じゃらん」「楽天トラベル」「トリップアドバイザー」「JAL」「ANA」など旅行に関連したサイトがアクセス数の上位になっていることが分かります。

これだと分かりづらいのでジャンル別でグラフ化してみます。

夏休みにアクセス数が多いジャンルは「旅行・交通」

ジャンル別でピボットテーブルを使って集計した結果です。

圧倒的に「旅行・交通」が多いことが分かります。「食品・飲料」、「ファッション」なども活発に動いているようです。

2017年8月のアクセス数の多いジャンルでソート

夏休みは長期連休もありますので、帰省だったり、家族旅行だったり、いろいろなところにお出かけするので、このような結果となったと考察することができます。

旅行サイト別の1年間の動向

旅行サイトは1年を通してどのような動きをしているのかも見てみました。

今回の調査で上位に入っていた4つのサイト「じゃらん」「ヤフートラベル」「楽天トラベル」「トリップアドバイザー」の1年間のユーザー数の推移は以下のようになります。

旅行会社別の1年間の動向

どのサイトにも共通しているのが年末にかけてアクセス数が落ちていく傾向があり、年明けから徐々に増加していくことが分かります。

最近ではCMもよく見かけるトリップアドバイザーがアクセス数の増加に勢いが感じられます。

夏休みにアクセス数を落とさないためには「お出かけスポット情報」の掲載が効果的

今回の調査結果から夏休みにアクセス数が多いのは「旅行」に関連する情報ということが分かりました。

インクループのWEBサイトの運用方針としては、長期連休前には地元相模原における「お出かけスポット」情報をしっかり書いていこうと思います。(年によって書いたり書かなかったりするから安定しないんだろうなぁ・・と思ったり。)

 

今回調査したような業界別の動向に関する調査などのご要望がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。資料にそのままコピペできるグラフを使った分かりやすいレポートにまとめたものを提供させていただきますよー!

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。元研究所勤めの根っからの理系。通信プロトコルの標準化をしていたと思ったらWEB業界に転身することに。好きな言葉は「利他の心」。嫌いな食べ物は「ナマモノ全部」。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る