記事の詳細

Google AdWords(グーグル アドワーズ)をご存知でしょうか?

Google Adwords

今回、インクループから2名がGoogle AdWords認定資格セミナー(3月21日、22日の2日間)に参加し、認定資格試験に合格してきましたので、Google Adwordsについてと、これから認定資格試験を受験する方のための情報をまとめてみました。

Google AdWords(グーグルアドワーズ)とは?

Google AdWordsとはインターネットを使っている人であれば、間違いなく一度は目にしたことがあるインターネット広告、それを出稿するためのサービスがGoogle AdWordsです。

以下は検索広告(リスティング広告)というものであり、クリックされた時に費用が発生する広告です。

インターネット広告の場所

画像が表示されている広告はディスプレイ広告という名前です。

ディスプレイ広告に関しては、表示するだけで費用が発生する場合と、クリックに対して費用が発生する場合を選択することができます。

ディスプレイ広告

あとこの他にも「動画広告」「ショッピング広告」「モバイル広告」などもありますが、それはまた別の機会にでも。

Google AdWords認定資格試験とは?

Google Partnersのヘルプからです。

AdWords 認定資格試験は、オンライン広告掲載のベスト プラクティスに関する知識を問うもので、AdWords 認定資格を得るために必要な試験科目です。

AdWordsの認定資格試験に合格すると合格したことを公開して、スキルを宣伝することができます。

ということなので私も宣伝してみたいと思います。

合格するとGoogle Partnersで認定証を表示できるようになります。

Google AdWords認定証

Google AdWords認定資格に合格するためには?

Google AdWordsの認定資格試験に合格するためにはAdWords 基礎認定資格試験に加え、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、モバイル広告のいずれかの認定資格試験に合格する必要があります。

最初に合格が必要なAdWords基礎認定資格

まずはAdWords基礎に合格しなければなりません。

AdWords 基礎認定資格

検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、モバイル広告

以下の5つの資格試験から1つ選んで合格すれば、認定資格を得られます。

検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告

認定試験は100問120分、結構悩んでしまう設問も・・・

具体的な試験内容はどうなのかといいますと、例えば検索広告の場合は120分の制限時間内に100問の設問に応える試験形式です。80%以上の設問に正解していれば合格となります。

AdWordsの試験時間

実際に試験を受けた感想としては、120分はだいぶ余裕のある試験時間で、100名ほどで一緒に試験を受けたのですが、早い人だと1時間くらいで終わっていました。1問1分くらいのペースで回答していくくらいになると思います。

同じような内容で異なる設問が数多くあるので試験を受けていると、「これさっきやったような・・・」みたいな時がよくあります。

読解力重要です!

あとこの試験は読解力が試されます。回答は4つの中から選択するのですが、間違いなくこれが答えだ!というものもあれば、どちらも正しいけど、どっちがより正しいかといえばこっちという内容もあり、消去法を使って考えていくケースが多々あります。すぐに分かるものもあれば、2、3分悩んでしまうこともありました。

配布資料を見てもOK

ちなみにセミナーに参加すると配布資料を頂けるのですが、この資料を見ながら試験を受けることができますので、暗記というわけではありません。あくまで学んだ事をベースとして応用問題を解いていくスタイルの試験内容です。

インターネット広告を活用したいのであれば認定資格はオススメ!

今回、2日間に渡ってセミナーを受講し、試験も受けましたが、このセミナーで今まで知らなかったGoogle AdWordsの使い方も学ぶことができました。さっそく学んだことをお客様に提案し、活用しています!

Google AdWordsを使った広告展開を考えているのであれば、セミナーを受講し、認定資格試験にチャレンジすることをオススメします。間違いなくスキルアップにつながります。

インターネット広告の出稿を検討している方は認定資格合格者が在籍しているインクループまでお気軽にどうぞ!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る