記事の詳細

気が付けばFBのいいね!が200を超えました!「地図 プロット」「地図 マッピング」「グーグルマップ プロット」などのキーワードで多くの方にご覧いただいております。ありがとうございますm(__)m

最近では、

「新しい営業所で土地勘がないため、お客様の住所を見える化して営業効率を上げたい!」

という方から

「マッピングはできたけど、ピンの色を変えたい。どうしたらいいですか?」

などのお問い合わせもいただいており、多くの方のお役に立てていることに嬉しく思います。

Googleマイマップの画面が若干変更されたので、操作手順を更新しました。(2016年9月2日)

自社の顧客を地図にプロットしマーケティング、営業管理等に役立てたいという企業様からのお問い合わせが増えております。

  • ピンを立てたところに営業担当を表示可能か?→可能です!
  • URLもついでに表示したいのですが?→可能です!
  • 項目が増えても大丈夫ですか?→大丈夫です!

などなど、個別サポートいたします!(※サポート内容によっては費用が発生する場合があります。)
お気軽にお問い合わせください。

contact-bana


自社の顧客が住んでいるエリアを具体的にイメージできますか?
「顧客の見える化」しませんか?
住所を地図上にプロット(配置)することでより具体的に見えてきます。

顧客の8割をカバーするエリアを地図上で表し、強化すべきチラシ配布エリアを探るなど、販促の計画にも大いに役立ちます。
何より住所録をただ眺めているだけでは分からなかった新しい発見を得る大きなヒントになります。

Googleマップなら、顧客の住所録が記録されたExcelファイルやCSVファイルがあれば

無料!かつ3分で顧客住所を地図上にピンを立てて表示できます!

mymap12

さらに、今回は顧客の売上高に応じてABCランクを付け、色分けをしてプロットしてみたいと思います。

また、次のようなお問合せをいただきまして、この地図を印刷したいニーズもあるようですので、その方法もご案内いたします。

地図をA4用紙やA3用紙などの任意の大きさの用紙に印刷したいのですが、どうしたらいいですか?
(2016年9月1日)
ということで、その方法をまとめてみました↓以下をご参照ください!

<実は簡単>パソコンの画面をそのまま印刷する方法

作成の3ステップ

ステップ1:Excelファイルを用意する

ステップ2:Googleマイマップにアクセスし、Excelファイルをインポートする

ステップ3:ABCランクごとに色分けをする

よく確認して進めばちゃんとできます!
それでは、1ステップずつ操作をしていきましょう。

ステップ1:Excelファイルを用意する

顧客の住所が入力されたExcelファイルか、CSVファイルをご用意ください。
説明で使用するExcelファイルはあらかじめABC分析を加えて売上高に応じてABCランクを付けてあります。

ABC分析の方法は「ExcelでABC分析をする方法 ~IF関数で作成~」をご覧ください。

mymap00

ステップ2:Googleマイマップにアクセスし、Excelファイルをインポートする

次のURLにアクセスします。

https://mapsengine.google.com/map/?pli=1

ご自身のGoogleアカウントを使用してログインしてください。(Googleアカウントを持っていなければ新規に取得してください。無料です!)

Googleアカウントにログイン

新しい地図を作成をクリックします。

新しい地図を作る

インポートをクリックします。

mymap03

Excelファイルを選択して[開く]ボタンをクリックします。
(今回はデスクトップに保存されている「顧客名簿.xlsx」というファイルを使用します。)

mymap05

住所録において住所が入力されている列(今回は「住所」)をクリックしてチェックを付け[続行]ボタンをクリックします。

mymap06

マーカーのタイトルとして使用する列(今回は「氏名」)をクリックしてチェックを付け[完了]ボタンをクリックします。

mymap07

地図上に顧客の住所がプロットされます。

mymap08

ステップ3:ABCランクごとに色分けをする

[均一スタイル]をクリックします。

mymap09

もう一度[均一スタイル]をクリックします。

mymap10

[ランク]をクリックします。

mymap11

ABCランク別に色分けされました。

mymap12

Gogoleマップを活用すれば素早く顧客住所を地図上にマッピングできます。
また、顧客数が多いとマーカーの数も多くなり、無数にプロットされたマーカーを前に「いったい何を読みとればいい?」と分からなくなってしまうことがあります。
そのようなときに顧客をABCランクなどでセグメントすることで重視すべきエリアが浮き出てくることがあります。
今回の例ではAランク顧客の70%が中央区内に存在することが分かりました。
セグメントの切り口は売上高、性別、年齢、購入時期、特定の商品購入者などいろいろあり、分析者の腕の見せどころです。

顧客の住所を地図上にプロットするとより具体的に自社の顧客をイメージできるようになりますね。

WordPressをお使いなら!プラグインであなたのホームページにマップを導入できます!↓

(2016年11月29日更新)

MapsBuilder_icatWordPressの無料のプラグイン「Maps Builder」で複数のピンを立てたGoogleMapを作成する方法!【お手軽で簡単、HTMLタグも埋め込めます】
降雪の翌日に、駐輪場の自転車が泥だらけになっていて憂鬱な気持ちになった網干です。どうやら、家の屋根の雪が滑り落ちた際に泥が跳ねて自転車が犠牲になったようです…...

自店舗の商圏の総人口をマップに表示する場合はこちらもご覧ください↓

商圏内の総人口は? 男女別人口総数及び世帯数のメッシュ統計結果を地図に表示してみる

商圏内の総人口は?

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る