記事の詳細

お客様の注意を引くキャッチコピー。
キャッチコピーは、商品に気づき、関心を持ってもらうためにとても重要なものです。

購買心理の7段階においても、最初のステップである「注意(気づき)」がなければ、その先の「関心」にもつながりません。

魅力的なキャッチコピーは、商品に興味をいだかせる力になります。
人はキャッチコピーを見て、本文を読むかを判断します。

キャッチコピー力を磨くには、常日頃から目にとまったキャッチコピーをメモして、覚えておくことです。
なぜ、興味をいだいたのか?なぜ、注目してしまったのか?
週末の家族旅行でも気を抜いてはいけません。常にアンテナを立てておきましょう。

今回のブログの見出しはコチラです!

最近メモメモしたキャッチコピー

「メディアで紹介されました!」

東急ハンズのキッチンコーナーで見つけたキャッチコピーです。メディアって何?雑誌?テレビ?それとも?
それはよくわからないのですが、とにかくなんらかのメディアで紹介されたらしいです。
なんか、とても使い勝手がいい言葉ですね「メディア」って。
人気がありそう感を演出してくれます。

そのほかにも・・・

もう少し飲んだら、好きってばれそう。

お酒のキャッチコピーですが、うまいなーと思いました。

女子よりも女子

ビレッジバンガードで見つけました。
『女子力男子』という書籍があるのですが、そのすぐ横にこのキャッチコピーが。
つい、本を手に取ってみたくなりました。

80対20ルール

コピーライティングの世界では80対20ルールと言うものがあります。
キャッチコピーに目を留めた人のうち、2割が本文まで読んでくれるというものです。
残りの8割は本文を読むほどの関心は示さず、その場から離れてしまいます。
この2割を少しでも改善する努力を怠ることなく、キャッチコピー力を付けていきたいですね。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る