記事の詳細

プログラミングを通して想像力を広げ、チャレンジやモノづくりすることの楽しさを感じてもらおう!という趣旨のもと第1回相模原 小・中学生プログラミングコンテストを2018年3月25日に開催させていただきました。
決勝では小学生4名がそれぞれの個性豊かな、素晴らしい作品を発表し、枠に捕らわれることのない子どもたちの自由な発想に大人たちが驚嘆したコンテストとなりました。
第1回相模原 小・中学生プログラミングコンテストの様子はこちらから

あれから4ヶ月…

第2回相模原 小・中学生プログラミングコンテストの開催が決定しました!!

日時:8月26日(日曜日)13時~15時
場所:相模原市産業会館地下1階 OA研修室
公式ホームページ
プログラミングコンテストのエントリーはこちらから

第2回相模原 小・中学生プログラミングコンテスト

お問い合わせ:042-704-9888(プログラミングコンテスト担当者宛)
主催:相模原小・中学校プログラミングコンテスト実行委員会
後援:相模原市教育委員会

今回は相模原市教育委員会の後援を頂くことができましたので、相模原市の小中学校にポスターを配布することができるようになりました!
JR相模原駅、矢部駅、古淵駅、淵野辺駅、南橋本駅にもポスターを掲載していただけることになりました!
ご協力いただいている関係各所の皆様、ありがとうございます!

少しずつではありますが、イベントの開催やコンテストの開催など目標としていたことが実現してきたなぁ。。。と感じる2018年6月のアクセス解析です。

アクセス数は更に増加!

アイキャッチに書いている「1日1万達成するまでブログの更新を止めません!」は達成してしまったので、次の目標をそろそろ立てなければいけませんね。

次の目標は「100万ページビュー」にしようかなと思っています。

ただ100万ページビューを目指すためには、今ままのホームページでは困難を伴いそうので、ホームページをリニューアルしようと計画しています。現在のページも4年くらい前のものなので古い感じのデザインなので、そろそろリニューアルしなきゃいけない時期ですよね。

2018年6月のアクセス解析

2018年6月のアクセス解析結果の数値

検索エンジン、SNSからの流入が増加。特に最近はSNSからの流入が増加中

流入経路ではOrganic Search(=検索エンジン)からの流入が更に増加しているのに加えて、最近ではSocial(=SNS)からの流入が増加傾向にあります。

イベントやコンテンストの案内をSNSを中心に展開しているのですが、これらのコンテンツはSNSとの相性がよく反応率が高いのが特徴です。

2018年6月のアクセス流入先

直近では、写真投稿SNSとして人気が高いインスタグラムにおいて、写真にタグ付けすることでショッピングサイトに誘導することができる機能「ShopNow」が実装され、SNSを集客として活用するための方法が充実してきています。

SNSをうまく活用していきたいものですよね!

Instagramの投稿写真にタグ付けして、ECサイトで購入できる「ShopNow」の設定方法
こんにちは!今日はInstagramを使って、商品の宣伝を投稿している方にとって必見の記事です。2018年6月4日からインスタグラムに写真に商品タグを付けて、ECサイトに誘導...

今後さらにインターネットは身近なインフラへ

私がインターネットに初めて触れたのは、1997年ことでした。まだ世間一般ではパソコンやインターネットはマニアの趣味の範疇でしかなく、むしろインターネットのことを話しても「何それ?オタクがやるやつだよね!笑」くらいのものでしかなかったインターネット。それが約20年後、完全にインフラ化してしまいました。

インターネットな視点で見た場合、日本は世界的に遅れている国の1つで、中国やアフリカのほうが実はインターネットの活用という面においては進んでいます。

中国ではスマホにQRコードを表示して、電子マネーで支払いをするのが一般的ですし、欧州のエストニアは世界最先端の電子国家として整備が進んでいます。

子どもたちの未来のためにできることを

今後、インターネットはさらに生活に密着したものとなり、インターネットが使えないことは「ネットが見られなくてヒマ~」なんてものではなく、電器、ガス、水道が使えないことと同じくらいに感じるようになることでしょう。

世界的にそのような流れが起きており、世界中の企業がインターネットを使ったサービスを開発し、競争し続けています。

このような時代において、やはり重要となるのは「考え方」です。

弊社はプログラミングに関する授業、コンテストを通して、子どもたちの未来に貢献していきたいと考え、今回のプログラミングコンテストを他に先行する形で地元相模原において開催するに至りました。

弊社の考え方にご賛同していただける方がもしいらっしゃいましたら、ぜひぜひ力を合わせていきましょう!
お気軽にご連絡ください!

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
代表取締役。京セラ株式会社 機器研究開発本部に配属後、EV-DO通信プロトコルの開発、北海道洞爺湖サミットにおけるマルチワンセグメントサービスの実証実験用端末の開発、京セラ初のHEMSとなる「ハウスマイルナビィ」の企画・ソフトウェア開発を経て、現在ではインターネット時代におけるWEBサイトの活用・運用に関する企画・提案、セミナー等においてこれまで培ってきたノウハウの提供に力を入れている。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る