記事の詳細

ちょうど2週間前に都内の某SEO会社から営業電話がかかってきて、「御社の検索順位を上げますよ」と。

その時に提示されたのが「御社は【Google アナリティクス WEBマーケティング】で現在は100位以下ですが、弊社のSEOサービスを使えば、年間60万円で順位が3ヶ月ほどで20位くらいにまでは上げることができます。」と。

まとめるとこんな感じの提案でした。

詳しく聞いてみると年間60万円の1年契約で、専属のライターが質の高いコンテンツを追加するとのこと。追加するコンテンツは月に1つだそうです。

というわけで自社で挑戦することにしました!

「Google アナリティクス WEBマーケティング」

比較的一般的なキーワードなのでさすがにそんなに早く順位は上昇してこないだろうという予想もありましたが、挑戦してみたところ・・・

2週間で20位台を獲得することができました!

以下の図の検索キーワードはすべて100位以下の状態からスタートし、結果としてこのような順位となりました。

検索順位を2週間で20位代に!

今回実践したのは2つだけです

  1. タイトルに狙ってるキーワードを入れておく
  2. 狙っているキーワードに関連する内容を中心としたブログの更新を毎日継続する

1.に関してはホームページのタイトルタグ<title>内に「Googleアナリティクス」と「ウェブマーケティング」というキーワードを含めたタイトルに変更しました。

そして2.に関してはインクループは今回の挑戦をする前からブログは毎日更新するのが会社の方針だったので、特に気にすることなく自社の事業に関連する内容を毎日更新しただけです。

ページ内にキーワードをしっかりと表現し、関連する更新を継続することが重要

今回の挑戦で狙っているキーワードをタイトルにちゃんと含めること、そして関連する更新(ブログなど)を継続していくことで順位は上昇させることができることが確認できました。

これまでの弊社の考え方を再度確認したような形となりました。

この取り組みは誰でもヤル気さえあればできることです。毎日更新を継続することは確かに大変ではありますが、まさに

「継続は力なり」

です。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
代表取締役。京セラ株式会社 機器研究開発本部に配属後、EV-DO通信プロトコルの開発、北海道洞爺湖サミットにおけるマルチワンセグメントサービスの実証実験用端末の開発、京セラ初のHEMSとなる「ハウスマイルナビィ」の企画・ソフトウェア開発を経て、現在ではインターネット時代におけるWEBサイトの活用・運用に関する企画・提案、セミナー等においてこれまで培ってきたノウハウの提供に力を入れている。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る