記事の詳細

USB(Universal Serial Bus)はもはやパソコン、スマホ、タブレット、そしてテレビに至るまで私達の生活で見かけないことがないくらい普及したケーブルの一つです。

USBという言葉を知らずに使っている人も多いと思います。スマホを充電する時のケーブル、これもUSBです。

USBの唯一の不満・・・

そんなUSBですが、唯一の欠点とも言えるのが挿す時に向きの確認が必要だということです。

パソコンで使っている普通のUSBケーブル、スマホで使われているマイクロUSB、どちらも差し込む向きがあります。向きを変えても挿さらなくて、あれ~??となったことがある人はたくさんいると思います。

そんな悩みを解決してくれるUSBがついに登場します。USB TypeCという企画です。

両面どちらでも挿さるUSBの新規格「TypeC」

USB TypeC

このUSB TypeCの規格は両面が同じ形状をしているため、挿入する際の向きの影響を受けることがなくなりました。

パソコンのUSBでたまにあるのが、力強く逆向きに指しすぎて中のコネクタを折ってしまうということでした。2015年に登場するUSB TypeCを使うようになればそんな心配も不要になります。

以前のUSBポートにも挿すことができるスグレモノです。

新しいUSB TypeCに対応した機器は古い規格のUSBポートしかない機器では使うことができないのかな?と思うところではありますが、その心配は不要です。

USB TypeCは以前のUSBポートにも挿さる下位互換を持っています!

そして、最大データ転送速度は10Gbpsです。4Kの映像を転送することも可能です。

機器間を接続するためのケーブルは様々な規格ができ、競争が行われてきたわけですが、このUSB Type-Cによってついに天下統一となるかもしれません。

データ転送から充電までケーブルを使わなければならない用途は様々ですが、これがどんな用途であっても1つのケーブルで済んでしまうという時代が訪れようとしているのかもしれませんね。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。元研究所勤めの根っからの理系。通信プロトコルの標準化をしていたと思ったらWEB業界に転身することに。好きな言葉は「利他の心」。嫌いな食べ物は「ナマモノ全部」。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る