記事の詳細

今回は前回に引き続き、『お金をかけずに売上3倍! コメントPOP 活用術』の著者:田中先生をお迎えして、相模大野の女子大通り商店街でPOP活用勉強会の4日目を開催しました。今回のテーマは「キャッチコピーの作り方」です。

始めに授業の様子を!

キャッチコピーが無いと気づいてもらえない

たとえ良い商品やサービスを持っていても、その存在に気が付いてもらえなければ売れることはありません。売れるための第一ステップが「気づいてもらう」ことです。ファーストリテイリング・柳井さんの著書にも「顧客に伝わらなければ自己満足にすぎない」とあります。

どれだけすごい技術であっても顧客に伝わらなければ自己満足にすぎない。新しい価値を生み出されることはない。

『現実を視よ』より  著:柳井 正

キャッチコピーの役割は気づいてもらうこと!

  1. お客様に気付いてもらう
  2. 次の文章を読んでもらう

キャッチコピーの最も大きな役割は上記2点です。商品にたった一言、キャッチコピーを加えるだけでモノが売れるかもしれません。次のアクションを起こしてくれるかもしれません。

キャッチコピー作りの7ステップ

  1. 目を閉じて深呼吸をして、自分を楽しい気分にもっていく
  2. ターゲットを決めて(絞り込んで)、具体的にイメージする
  3. アピールポイントをいくつか書き出す
  4. ターゲットとアピールポイントのマッチングを考えて文章を書く
  5. 切り口やキーワードを探し、優先順位を決めて絞り込み、キャッチコピーを大きく書く
  6. 「お客様視点」で読み返す
  7. テストする(お客様の反応を見て場所や大きさを再検討する)

それでは1ステップずつ見ていきます。

1.目を閉じて深呼吸をして、自分を楽しい気分にもっていく

深呼吸

いいキャッチコピーはいい精神状態から生まれます。「スーッ」と深呼吸して呼吸を整え、楽しい気分、ポジティブな気分にスイッチを切り替えましょう。

2.ターゲットを決めて(絞り込んで)、具体的にイメージする

ターゲットを絞り込み、具体的にイメージします。例えば、以下のように・・・

秋野つゆ(37歳)

都内在住、独身か共働きで経済的に余裕がある。都心で働くバリバリのキャリアウーマン。
社交的な性格で自分の時間を大切にする。
シンプルでセンスの良いものを追求する。

実はこれ、創業10年で売上高42億円の成長を遂げた「Soup Stock Tokyo」の考えるターゲット象です。
ターゲットを明確に設定したことにより、スープ一杯610円という高めの値段設定をし、どこに出店すべきか、どのような商品を提供すべきかなど、一貫したブランディングで成功しました。
このようにリアルにイメージできる一人のお客様像をイメージすることです。
パソコン教室のターゲットを例えば、以下の人物像で設定してみました。

ターゲット象の例

3.アピールポイントをいくつか書き出す

あなたの商品の良いところはどこでしょうか。いろいろな角度から箇条書きで書き出してみてください。
とは言ってみたところでなかなか書き出せない・・・という場合は・・・
ここはブレーンストーミングでどんどん書き出しましょう。まずは何でもいいから書きはじめるのです。
頭を動かすには、まず手を動かすことです。

ブレーンストーミング

4.ターゲットとアピールポイントのマッチングを考えて文章を書く

想定したターゲットとマッチするアピールポイントを抜き出し、アピール文章を考えましょう。
例えば、以下のような文章です。

アピール文章の例

5.切り口やキーワードを探し、優先順位を決めて絞り込み、キャッチコピーを大きく書く

記述したアピール文書からキーワードを探し出ししょう。(赤い字にしてみました)

キーワード抜出

これらのキーワードがキャッチコピーに使う単語の候補となります。
そして、切り口を考え、キャッチコピーを作ります。

≪切り口≫

  1. 読み手のトクになることをアピールする
  2. 新しい情報を提供する
  3. 好奇心をそそる表現

キャッチコピーを作ったら、大きく書きだしましょう!POP用紙の30%~70%を占める領域を使って大きく目立たせましょう。

POP事例

6.「お客様視点」で読み返す

お客様視点になることはとても難しいことですが、深呼吸をひとつして、お客様のつもりで自店舗に入ってみましょう。そして自然な目線の動きでキャッチコピーが目立つかどうか、目に止まるかどうかを見てみましょう。

7.テストする

POPを設置してそれで終わりではありません。ちゃんと見られているか?売上に貢献しているか?もっと見てもらえる場所は無いか?

  • POPを設置する位置は適切か?
  • 文字の大きさは適切か?

検証をして改善に活かすことが大切です。

POP講座チラシ

今回の講座はキャッチコピーの作り方について田中先生が分かりやすく説明してくださいました。
毎回、本当に勉強になります。次回はいよいよ最終回です。

2016年1月20日(水)20:00~ 相模大野のnaruco cafeにて開催いたします。

ご参加も可能ですので、興味のある方はお問い合わせください。(参加費:500円)

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る