記事の詳細

デジタルが主流になる前のファッションのメインツールと言えば専門雑誌が主で、自分の好きなモデルさんやファッションやアクセサリなんかを、スクラップブックにまとめて保存しておく、なんてことをやっている女の子、多かったのではないかと思います。

膨大な趣味雑誌、あるいはパンフレットをため込んで泣きをみた経験がある同類さまは多かろうと信じておりますが、そんな方にお勧めのアプリがこちらの「Pinterest」です。

  • ウェブ上にある画像をいつでもウェブ上に保存、整理して閲覧ができる
  • 自分の好みの画像が一覧となる、アルバム的なボードを作成することができる
  • ボードは項目ごとに分類可能。しかも選んだ画像に類似したジャンルの画像も自動で提示してくれる
  • 当然スマホアプリと連携してくれる

こんなことができちゃいます。

>>Pinterestの公式ページはこちら

Pinterest

Pinterestは画像専門のブックマークツール+おまけでちょっとしたSNS機能

引越しをするときに新しくする家具やインテリアのお店をめぐってみたり、お友達にプレゼントをするときに何かいいものないかなーとまたショップをめぐってみたり……。

ウィンドウショッピングは非常に楽しいものですが、デジタルが主流になってECサイトが増え、より遠方の地が「見える」ようになった今、外をぶらつくよりもウェブ上をさまよったら安くて良い品がいっぱいあることも珍しくありません。

また、物を買うだけでなく、「自分の好きなもの」を収集するのは人の性質のようなもの。

癒されるためにアクアリウムの写真を集めてみたり、猫画像をあさりにあさったり、自分の「素敵だな!」が集合した光景はもうそれだけで癒されますよねぇ。

Pinterestはそんな「画像に起因するブックマークツールアプリ」と言い換えられると思います。ちょっと見てみましょうか。

 

Pinterest Pinterest Pinterest Pinterest

Pinterestはこういった「I like!」とか「I love!」をひたすら集めていくアプリなのです。

Pinterestは企業やショップで何ができるの?

デザイナーさんたちはやっぱりPinterestで情報収集する方も多く、そこらじゅうにランディングページやグラフィックデザインのサンプル画像がごろんごろんしていて本当に助かっています。脳の刺激!

Pinterest

つまり「好きな物から好きな物への移行」「興味のあるものへの移行」がたやすく行われるわけなので、Pinterestは「本当にそれを求めているユーザー」がつかまりやすいツールです。ブランドや流行に左右されない当人の「好き」が集まるのだから当然ですね。

ピンした画像をスクロールすると、下部に「こんな画像もどうよ」といわんばかりにずらりと並んでいきます。こんなふうにして「好きから好きへ」「興味から興味へ」と幅が広がっていくんですね。

Pinterest

例えば私ならこんな感じに活用できるわけです。

  1. 自分が書いた記事のなかから気に入った写真を一枚チョイス
  2. これを新規で作ったボードの中に登録

これだけです。これだけで「私が書いた記事」というボードが一つできあがるわけですね。

画像をピン(投稿する)際、画像の詳細情報が記載できます。ここに検索キーワードやハッシュタグ付きワードを入れておくと、Pinterestで検索されたときに引っかかるようになります。

具体的にどんなふうにPinterestは使うの?

登録してからピンを打つまではたぶん誰でもできちゃいますし、いろんなところにナビがありますので割愛しますね。

>>初心者でもわかるPinterestの使い方

Pinterestにホーム的なボードを作るのは以下の通りの手順となります。

右下の「プラス」アイコンをクリックし、ブラウザにボタンをインストールする

Pinterest

Pinterestのボードに加えたい画像があるウェブサイトページでPinterestのブラウザボタンを押す

Pinterest

該当する画像をクリックする

2016-09-30_10h46_391

該当する画像の詳細を記載する

PinterestPinterest

再編集は登録されたボードからピンをクリックし、左上の編集ボタンを押すと再編集可能となります。

ボードに追加される

PinterestPinterest

 

これでWEBサイトをウィンドウショッピングしながらも買わないでブクマぽいぽいできますね。

個人で使うにもひじょーにTA★NO★SHI★Iですが、企業として使うのも、ちょっとした窓口だったものがいつの間にか大きくなる…なんてこともあるかもしれません。

飲食店やアパレルショップ、かわいいペットを扱ったり、美しい風景がウリだったり、そんなショップはぜひとも使いこなしてみてくださいませー。

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る