記事の詳細

クリアな印象と聞いて、どのような言葉を連想しますか?

  • クール
  • スッキリ
  • 透明感
  • カッコイイ

これらを連想させるにはブルー系の配色が合いそうです。
さらに彩度を上げてビビッドに仕上げると、よりクール感が出てきます。

以上の理由から、クリアな印象を与えるフォトレタッチのポイントは2つ。

  1. 写真の赤みを抑える
  2. 彩度を上げる

それではPhotoshopで実践してみましょう。

今回は、以下の画像をクリアな印象に仕上げてみたいと思います。
レタッチ前の写真

ステップ1 彩度を上げる

[イメージ]→[色調補正]→[色相・彩度]をクリックします。
彩度を上げる操作手順

彩度のスライダーを右に動かし、[OK]をクリックします。
今回は「+24」に設定しました。
彩度を上げる操作手順

ステップ2 トーンカーブでコントラストと赤みの調整

明るい部分のみ明るく、シャドウ部分は暗さを保つことでシャープな印象を目指す

[イメージ]→[色調補正]→[トーンカーブ]をクリックします。
トーンカーブの操作手順

下図のように2回クリックをして、直線上に2点打ちます。

トーンカーブ2点設定

下図のようにドラッグをします。
トーンカーブの操作画面

以上の操作で明るい部分のみ明るくすることができます。
※ まだ[OK]はクリックしません。

赤みを抑える

[チャンネル]を[レッド]に変更します。
チャンネルをレッドに変更

下図のようにドラッグします。
赤みを抑える操作手順

[OK]をクリックします。

以上で完成です!!

レタッチ後のクールな印象の写真

見比べてみると・・・
うん、クールな印象になりました。

レタッチ前
レタッチ前の写真

レタッチ後
レタッチ後のクールな印象の写真

いかがでしたか?
Photoshopでレタッチシリーズ、今回は「クリアな印象に仕上げるフォトレタッチ術」でした!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る