記事の詳細

ちょっとデザインかじってる人対象のお話なんですが。

私はIllustratorのベジェ曲線にほれ込んでデザイナーを目指したくらいIllustratorが好きなんですが、WEBデザインって一般的にPhotoshopの界隈のお話らしいんですね。

現在はIllustratorを使ってWEBデザインをする人が増えてきているらしいのですが、それでもWEBデザインのシェアはPhotoshopあるようです。

今自分は両方使用しながらWEBデザインを行っているのですが、納品時にIllustratorを使用していると先方にしたうちされる案件もあるようで、「なんでだろうなー」と思っていました。

Photoshopは画像加工ソフトとしては非の打ち所がないソフトである。

Photoshop

と一般的には言われておりますが、こいつの能力は他にも多種多様にございます。

昔は画像の配置を確定してしまったら、再び拡大すると画像が荒れる、なんてこともありましたが、スマートオブジェクトという機能が現れた今、そんな心配もございません。

WEBデザインにおけるPhotoshopの特徴としては

メリット

  • 細かな画像調整が可能(特に写真は現WEB界隈においてはかなり重要ファクターですし)
  • レイヤーごとの書き出しが可能(昔はスライスを使っていましたが今はレイヤーごとにもレイヤーグループごとにもできますね)

何よりPhotoshopはピクセルを扱うソフトですので、ピクセル単位が基本のWEBにはピッタリなんですね。ほかにもいっぱいメリットあるのですが割愛。

でもPhotoshopでWEBデザインすると、こういうところが私きらいなんですよ。

デメリット

  • レイヤーの数が多くなりすぎる。(修正入ったときに該当レイヤーが見つからなくて発狂する)
  • ともなってデータがとても重たい。(特にスマートオブジェクトを使っていると死ぬほど重い

書き出しが優れていようが見た目が整っていようが、最後にデータがフライアウェイしたら絶望しかないんですよ。

Illustratorはレイアウトとイラストレーションに優れたソフトである。

Illustrator

この場合の「イラストレーション」は細密に描かれた、いわゆる「デジタルグラフィックイラストレーション」とは区別してください。ゲームのキャラクターや精密な背景画像、美しく細密な風景画が描きたい人は、PhotoshopをはじめとするSAIとかCLIP STUDIO PAINTとかPainterとか使いましょう。畑が違います。

そもそも「イラスト」というのは、本来であれば「装飾」にすぎません。文字情報や他の題材を補助するのが主な役割です。視覚的表現における情報伝達が主な役割です。

Illustratorとはこれを作るのに特化したツールであり、きれいなデジタルグラフィックが描きたい人のためのツールじゃないのです。

メリット

  • レイアウトがめっちゃ簡単(パーツがレイヤーごとでないため、全頁の俯瞰が可能)
  • ベジェ曲線は軽い(写真のないレイアウトなら軽快に動きます)
  • カテゴリで選択ができるので一斉変換がたやすい。

このベジェ曲線、ベクター、といったものに苦手意識を持っている方はめっちゃ多いと思うのですが、怖くないよ。ただのきれいな針金みたいな線だよ。

ピクセルでできているWEBなんだからピクセルで作ってよ! という声はよく聞こえますが「……イラレもピクセルできるよ…?」になってます。

デメリット

  • 画像加工は一切できない。(そもそもそういう機能が全くと言っていいほど搭載されていない)
  • 単位管理ができてないと破滅的なことになる。

WEBデザインはソフトの使い分けで効率化を。

サンプル

使いどころわけりゃええやん、という意見はWEB上にもたくさん見つけられるのですが「どう使い分けるのか」というのはあまり見つけられない、これは私のサーチ能力が悪いのだろうか……。

私は最近こんな感じです。世のWEBデザイナーの方はどうなんでしょう。WEBデザイン歴半年のわたくしめにレクチャーしていただきたいくらいなんですが……。

画像:Photoshop

  • 「書き出したもの.jpgなど」と「原本.psd」でフォルダ分け。
  • 「書き出したもの.jpgなど」が納品用ファイル。全部みっちりファイル名つけていく。
  • 「原本.psd」は自分が分かればいい+サイズ表記ファイル名。じゃんじゃんスマートオブジェクト使った単体ファイル。
  • 基本は「書き出したもの.jpgなど」をIllustratorにリンク配置していく。
  • 「原本.psd」はリンクすると重いので、編集して書き出したものを上書きする形で変更している

レイアウト:Illustrator

  • アートボード乱舞。単位をオールピクセル対応にして20枚とか平気で1ファイルで作成します。
  • 「重たいなー」って感じたらファイル増やす。
  • 本当はベース・装飾・写真くらいでレイヤーは分けたい。(やってない)

Photoshopとillustratorが使えるからって、デザイナー名乗れるわけじゃない

ということを最近しみじみと痛感しております。まだまだですな。

Photoshopは感覚的ツール(つまり文系)、Illustratorは理論的ツール(つまり理系)という認識をしていましたが、あながち間違っちゃいないのだろうなーなどと思います。

I Love Illustratorなので、布教活動は惜しみなく周囲のデザイナーにもやっているのですが、これまたなかなか吸着しない。原因を今日も模索する日々です。

……ああ、こういう原因探求精神が理屈っぽいとか言われるゆえんなんですかねぇ。やだやだ。

 

 

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る