記事の詳細

2014年の10月から書き始めた弊社のWEBサイトに関するアクセス解析結果ですが、気づけば今月で28回目の投稿となりました。まさに継続は力なりです。

2014年の10月のアクセス解析結果はどんな感じだったのかというと・・こんな感じでした!

2014年10月のアクセス解析結果と人気記事ランキングの発表!
こんにちは。三宅です。今月から新しい取り組みとしてインクループのWEBページのアクセス状況を公開していきたいと思います。インクループの方針として、インバウンドマ...

1ヶ月間でたったの2,000PVしかなかったんですね。。。今の弊社サイトだと、午前中のアクセス数くらいです。笑

それでは2017年の最初の月のアクセス状況を見ていきたいと思います。

2017年は好スタート!ユーザー数1万人増加!

2017年1月の結果ですが、約1万人のユーザー増加となり、好スタートとなりました!

昨年12月は年末の影響もあって減少していたのですが、年明けから弊社サイトは調子がよく右肩上がりでアクセス数が増加していることが以下の月間推移グラフでも見て取れます。

2017年1月のアクセス解析結果 2017年1月のアクセス結果は増加

検索エンジンからの流入が更に増加。SNSに弱含み

メインが検索エンジンからの流入がメインなのは相変わらずで、それはそれで良い事ですが、もう少しSocialを伸ばしたいというのが本音だったりします。

Twitterでも結構リツイートしてくれているんですけどねー。

検索からの流入を伸ばし続ける

検索キーワードは「not provided」の割合が多すぎて見る価値がほぼなし

Googleの検索に続いて、Yahooの検索もHTTPS化が進んだ結果、Google Analyticsのキーワードに関してはほとんどがnot providedになってしまい、ごく一部の検索流入しか見えなくなっています。not providedの割合は弊社の1月のデータだと96.6%です。ほぼGoogleとYahooのシェアと一致してますね。

弊社への流入で見てみると、検索キーワードが見えているドメインは、search.smt.docomo、auone、rakuten、biglobe、goo.neです。

HTTPS化の影響で検索キーワードがnot providedになっている

検索キーワードが見たい場合はSearch Consoleの検索クエリを見るべし

Google Search Consoleを直接見るか、Google Analyticsと連携をしておけばSearch Consoleの検索クエリを見ることで、検索キーワードを見ることができます。

not setも結構な割合であるのですが、通常の検索キーワードを見るよりは実態に近いものを確認できるはずです。キーワードで見ると「司会進行」が多いのに、検索クエリで見ると「エクセル 再計算」が多くなっていますよね。

Search Consoleで見るとそこそこ検索キーワードが確認できる

キーボードの練習方法ならお任せください

各投稿へのアクセス数ですが、キーボードの練習方法について書いた投稿がすごいことになってます。

誰でもパソコンのキーボードが1時間の練習でスラスラ打てるようになるとても簡単な方法
スマホやタブレットの普及に伴ってパソコンの利用率が低下しているそうですが、これはどちらかの勝ち負けというものではなく、利用シーンに応じて適切な機器を利用者が...

キーボードの練習をしたい人が毎月1万以上もいるんですね!

検索順位を確認してみたところ、「キーボードの打ち方」「パソコン キーボード 練習」などで1位を獲得しております。どうやらGoogle先生的には私の練習方法が最も良いという判断をして下さっているようです。なんともありがたいことです。笑

投稿を書いてから1年以上経過していますが、やっぱりこのキーボードの練習方法が実用的で効率的にキーボードの打ち方を覚えられるとパソコン教室の講義を通して実感しています。

キーボードの練習で1位取ってますw

【PR】WEB広告の掲載について

タイピングソフトなどの販売会社様、パソコン初心者向けの商材で広告を掲載したい場合はお気軽にお問い合わせください。
間違いなくパソコンのキーボードの練習をしたいという方が月間15,000人訪問している投稿に広告を掲載してみませんか?
Google AdWordsに広告を掲載する場合、リスティング広告だとクリック単価が69円でした。

Google AdWords広告単価

単純に15,000クリックされると、1,035,000円となり、月間で約100万円に相当する広告価値があることになります。
広告費用に関してはご相談ください。リスティング広告を出すよりも相当リーズナブルなので費用対効果の面でも期待できます。

2017年はHTTPS対応が必須になると予想

最新版のChromeのバージョン56ではHTTPSに対応していないWEBサイトでパスワードを求められる場合において、以下のように表示されるようになりました。

Chrome56から保護されていませんと表示される仕様に

「保護されていません」と表示されているWEBサイトを見るのはなんだか怖いですよね。。。

現状はパスワードの入力画面だけですが、早い段階で通常の画面においてもHTTPS化を進めなければならないような状況になってくると予想しています。2017年内には確実なSEOを実施していくためにはほぼ確実にHTTPSに対応するのが必須の状況になってくるでしょう。弊社も近々HTTPSに対応する計画で作業を進めています。

インクループでは2016年後半から制作依頼を受けたWEBサイトは全てHTTPSに対応しています。費用に関しても新規、またはリニューアルであれば追加で費用が発生するようなことはありません。既存WEBサイトへの対応に関してはWEBサイトの構成を確認した上でお見積もりを出させていただいておりますが、10ページ程度のサイトであれば確認作業も含めて5万円ほどで対応できると思います。

プライベートな情報が満載のスマートフォンでWEBを閲覧することが今後もさらに増加することから、通信を暗号化することでセキュリティを高めることの重要性は今後さらに増すことは間違いありません。早い段階でHTTPSに対応することで問題意識の高い企業だと顧客に認識してもらうこともできます。

WEBサイトのHTTPS化に関してインクループはサポートできます。
お問い合わせからお気軽にどうぞ!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
インクループ株式会社

インクループ株式会社

インクループ株式会社は、データ分析、市場調査に基づく企画立案、コンテンツ制作、運用を通じてお客様の目標を実現する会社です。WEBサイトをもっと活用したい、ECサイトの売上をもっと増やしたいなどのお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AD

ページ上部へ戻る