記事の詳細

ページを見て「一瞬で別のサイトへ移ってしまう人」と「じっくり読んだうえで別のサイトへ移っていく人」がいます。
これら2つのアクセスはGoogle Analytics上では両者ともに「直帰」としてみなされます。

前者は「あぁ~ぁ・・・求めていたページと違ったな。バイバイ」という感じですが後者は「おっ求めていた内容だ!ふむふむ・・・なるほど・・・ありがとう!役に立ったよ。バイバイ」という感じであり、両者の興味の度合いは全く違います。

何秒以上滞在したら「直帰」とはみなさないようにGoogle Analyticsを設定することができます。
これで、ページの持つ価値をより正確に測れるようになります。

設定はめちゃ楽!1行追加するだけです

設定方法はとても簡単で、Google Analyticsのトラッキングコードに次の1行を追加するだけです。

 

この1行を追加した状態が、下図のような感じになります。

 

1行追加した状態

この例では20秒以上滞在したら「直帰」ではないよっ!という設定をしています。

秒数を変えたいときは?

20秒ではなく、30秒にしたい場合は次の2か所を変更してください。

こちらもとても簡単ですね!

30秒にする場合の設定

ページを読んでくれたのか?それとも読んでくれなかったのか?

この設定によって、20秒以上滞在したセッションは「直帰」ではなくなります。

従って、この設定を行ったにもかかわらず直帰率が90%!!などという場合は「あなたのページ、第一印象最悪っすよ!顔洗って出直して来い!90%もの人がすぐに離脱してますよっ」ということになります。

この設定をした結果

アクセス数が常に上位の「3ステップでワード文書を画像(JPEG)に変換してみる」という記事の直帰率の変化をご覧ください。
下図のように90%以上あった直帰率が10%前後まで低下しました。
9割の人は20秒以上滞在していることになり、ちゃんと記事を読んでくれていることが分かります。

直帰率の変化

この設定をするだけでも問題解決のヒントを多く得られることと思います。
ご参考になれば幸いです。

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る