記事の詳細

スマホ対応をチェックするために以前書いた記事はGoogleが用意してくれたサイトでチェックするものでした。

モバイル対応が検索順位に影響するようになる!?今すぐチェックしましょう!

実は、Googleウェブマスターツール上でもモバイルユーザビリティ(スマホ、タブレットの対応の是非)を確認することができる項目が追加されていますので、今回はそちらをご紹介します。

ウェブマスターツールにログインして、確認してみましょう!

mobile_userbillity_01

使い方は簡単です。左のメニューから

  1. 「検索トラフィック」を選択
  2. 「モバイルユーザビリティ」を選択

これだけです。

恐る恐るインクループのホームページを確認してみたところ、上記のような画面となりました。どうやらモバイルユーザビリティに関してはエラーが見つからなかったそうです。一安心です。

問題があるとエラーがいくつか表示されますので、エラーの内容を修正していきましょう

mobile_userbillity_02

スマホに完全に対応できていない場合、赤枠で囲んだようなエラーがいくつか示されるようです。

エラーの種類には何種類かあるようですが、エラーをクリックするとどのページでエラーが発生しているのかも分かるようになっていますので、この内容を参考にしながら、エラーを修正していけば良いということになります。

ちなみに今回の例のような「タップ要素同士が近すぎます」というエラーはボタンのようなタップすることができる要素が近づきすぎていて、間違えてタップしてしまう可能性があるということを通知しているものです。

このような場合はデザイン修正も関わってきますので、修正としては大きな修正が必要となるケースもあるかもしれません。

スマホ対応の準備できていますか?

Googleがスマホへの対応の有無を検索ランキングに反映するのはもはや時間の問題です。

みなさんのホームページはスマホに対応できていますか?

以下のポイントに気をつけて、ホームページを見直してみましょう!

  • Flashを使っていないか?
  • テキストのフォントサイズはスマホでピンチアウトをしなくても読めるか?
  • 閲覧する場合に横スクロールがなくても読めるか?
  • タップ時に間違えて他の場所を押すようなことはないか?

本日は以上です。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
パソコン教室担当。UXデザインの講師として専門学校でも活躍。心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用が得意。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る