記事の詳細

Zチャートで2年分の売上傾向を判断する方法をご紹介します。
ExcelにはZチャートを直接作る機能は有りませんので、専用の表を完成させたうえで、折れ線グラフを活用して作ります。

Zチャート

Zチャートとは?

Zチャートとは「業績が上がっているか、下がっているか」を一目で把握できるグラフです。
単純に2年分の売上を折れ線グラフにしても、季節変動により売り上げが上下するため、傾向を掴むのが難しい場合があります。
Zチャートなら、季節変動が吸収され、大まかな上昇/下降の傾向を把握できます。

Zチャートの作成ステップ

Zチャートを作るには「累計」と「移動年計」を作成します。何はともあれ、作ってみましょう!
必要なのは2年分の月ごとの売上データです。

累計と移動を計算する

次のような表があるとして、作業を進めます。
加工前の表

セルB14をクリックします。
セルB14をクリック

[ホーム]タブの[合計]をクリックします。
合計をクリック

Enterキーを押します。セルB14に合計が表示されます。
合計が表示されます

セルD2に「=C2」と入力します。
=C2と入力

セルD3に「=D2+C3」と入力します。
=D2+C3と入力

セルD3のフィルハンドルをセルD13までドラッグしてコピーします。

オートフィル

セルE2に「=B14-B2+C2」と入力します。
=B14-B2+C2と入力

セルE3に「=E2-B3+C3」と入力します。
=E2-B3+C3と入力

セルE3のフィルハンドルをセルE13までドラッグしてコピーします。
オートフィル

Zチャートを作成する

セルA1~A13をドラッグして選択します。
A1~A13を選択

Ctrlキーを押しながらセルC1~E13をドラッグして選択します。
Ctrlキーを押しながらC1~E13を選択

[挿入]タブの[折れ線グラフの挿入]をクリックします。
折れ線グラフの挿入

下図をクリックします。
折れ線グラフ

Zチャートができました!
Zチャートが完成

推移の傾向としては、微増ですね。
実はこのグラフ、弊社サイト内のあるページのPV数推移でした。

いかがでしょうか、Zチャートも一度作ってみれば意外と簡単ですよ。

 

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る