記事の詳細

こんにちは。
火曜日ブログ担当の田中です。

最近、日中が暑くなってきましたね。
夜は涼しいので、比較的過ごしやすい気候ではありますが…
こまめに水分補給を忘れないようにしましょう。

 

本日のブログは

「Excelで1,000,000円のように「カンマ区切り+円」で表示をする方法」

です。

 

カンマで区切れる。円の表記もできる。でも、
カンマで区切る+円の表記は同時にできない!

という人は意外と多かったりします。

今日はそんな人のための記事です。
もちろん、文字を含んでおりますが、足し算などの計算はちゃんとできます^^

 

ユーザー設定にてカンマ区切り+円の表記を設定する方法

手順としては5つです。

まずはカンマ区切り+円表記にしたい数値を選択します。
選択している状態で右クリックします。

次に「セルの書式設定」を左クリックします。

下記画像のセルの書式設定画面が登場しますので、③~⑤に沿って手順を行っていきます。

まずは③の「ユーザー定義」を左クリックします。

次に④の種類欄にて、
#,##0”円”
を入力します。(上記の値をコピーして貼り付けしても使えます。)

左側でカンマを入れ、右側で単位を入れる指定をしています。

最後に⑤の「OK」ボタンをクリックして、完了です。
OKボタンをクリックしますとこのようになります。

 

#,##0″円”と入力する理由

ポイントとなるのが4の手順にて「#,##0″円”」と入力しているところです。
「#,###”円”」でも「0,000″円”」でもいいように思えますが、正しくは「#,##0″円”」です

0,000″円”としない理由

この場合、999円だと0,999円と表示されてしまいます。

#,###”円”としない理由

「#,###”円”」の設定時にセルの値が0円だった場合、円と表示されてしまいます。

まとめ

結論!

Excelで1,000,000円のように「カンマ区切り+円」で表示をさせたい場合は、

#,##0″円”

と書きましょう。

 

Thank you for reading my blog.
See you next time.
Have a nice day.

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
田中 優樹

田中 優樹

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
助成金、社内事務、イベント運営と、製作部隊ではなく裏方作業担当の田中です(^^♪ 助成金は「自分達で調べ申請する」シリーズで作成しています。 やりたい事色々。相模原を盛り上げたい!世界と日本をつなぎたい!!以上!!

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る