記事の詳細

私は猫なら飼ったことがありますが、抱っこしていると急に「放せーーーー」と言わんばかりに暴れ出したり、かと思うと急に甘えだしたり、ペットの気持ちってよくわからん!と思うことが多々あります。

もっとコミュニケーションが取れたらもっと通じ合えるのに。

そんな中、なんと犬の感情を正確に把握できる機会「スマートハーネス」がノースカロライナ州立大学のデイビット・ロバーツ博士たちの研究チームにより開発中とのこと。

8つのセンサーで感情を把握

スマートハーネスとは、犬の心拍数・体温などの生理的状態から、リラックスしているのかストレスを感じているのかを判断する装置です。
重さが4ポンド(約1.8キログラム)もあり、大きさもかさばるため大型犬にしか取り付けられないとのことです。
まだまだ、猫ちゃんにつけるには大きすぎですね。

犬よりも猫の方が感情がわかりにくいので、ぜひ猫につけてみたいです。

スマートハーネスの詳細はGIGAZINE様の記事に詳しく書いてありますので、興味のある方は是非、見てみてください。

リンク:犬の気持ちを理解し人の考えを正確に伝えられる「スマートハーネス」の開発が進行中

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る