記事の詳細

こんにちは。三宅です。

家電やパソコンなどを安く買いたいなら「価格.com」で探すのが定番でした。

それよりも更に安い価格で他にあるかも!?という思いを実現してくれるのが「最安価格.com」です。

skakaku_1

最安価格.comは以下のサイトで同じ商品の価格を比較し、最安を提示しているサイトを教えてくれます。

skakaku_2

価格.comのURLの先頭に「s」を付けるだけで最安価格を表示してくれるというスグレモノ

使い方の例です。

価格.comで欲しい商品を見ていたとします。(Nexus7が壊れたので新しいタブレット欲しいなぁ・・・)

skakaku_3

この時、URLはこんな感じです。

skakaku_4

このkakaku.comの先頭に s を追加して、以下のようにアドレスにして、ページを表示してみると・・・

skakaku_5

最安価格.comで同じ商品が表示されるようになっています。

skakaku_6

比較対象となっているサイトの最安値の価格が一覧で分かりやすく表示されます。

最も安いのは★が付いているサイトで、今回はconeco.netのようです!

価格.comの知名度を活かしたサービスであり、簡単に移動できる点が面白い着眼点だと思います

skakaku_7

このように最安価格.comは価格.comのURLの先頭にsを付ければ表示できるという点が面白いアイデアです。

いいねの数や、ツイート数から推測するにまだ流入は多くないようですが、知名度と表示方法を広めていけば、相当な流入が得られるのではないでしょうか。

これまで価格.comが最も安く買うための比較サイトだと信じて疑っていませんでしたが、実はそうでもない時があるようです。

1円でも安く買いたい方は最安価格.comも利用してみるといいかもしれません。

本日は以上です。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る