記事の詳細

doa

こんにちは、唐澤です。

あなたはこの扉、押しますか?引きますか?

正直、迷ってしまいますよね。

直感的に判断するのは難しいと思います。

優れたデザインは、迷わせない

doa2

すぐれたデザインはユーザーを迷わせたりはしません。

たとえばこのドアノブなら「押して開ける」と直感的にイメージできますよね。

ドアノブ自身が「押して開けてね」というメッセージを持っているのです。
このように、モノが持つメッセージのことをアフォーダンスといいます。

最初の扉が直感的ではない理由は、「押せ」とか「引け」という明確なメッセージ、すなわちアフォーダンスを持ち合わせていないためです。

私がアホなのではなくアフォーダンスの問題

引くドアを押してしまう。。。

私はこのようなミスを再三おかしてしまうのですが、それは私がアホなのでは決してありません。(たぶん)

目の前のドアが正しいアフォーダンスを持っていないことに原因があるのです。

デザインに正しいアフォーダンスを与える

WEBサイトは画面の中にあるバーチャルなものであり、姿形はありません。

WEBデザイナーはユーザーを迷わせないよう、直感的に操作できる正しいデザインを提供する必要があります。

たとえば次のデザインは「左右に画像が存在する」ということを直感的に示すことに成功しています。

afordance

正しいアフォーダンスを与えることができれば、ユーザーは迷うことなくWEBサイトを利用することができます。

デザインの世界は奥が深いと、改めて感じる今日この頃。
本日は以上です。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る