記事の詳細

日本商工会議所が実施する「平成26年度補正(平成27年実施) 小規模事業者持続化補助金」の3次受付分の採択者一覧が9月11日に発表されました!

第3次受付分 採択者一覧

採択された事業者の皆様、誠におめでとうございます!

弊社でサポートさせていただいた事業者様の採択率は88.8%

今回の3次公募で弊社でサポートさせて頂いたお客様の採択率は88.8%でした。

全国採択率は約60%、相模原市は約80%だったようです。

そして、弊社代表の唐澤担当分は100%というすごい実績を達成してしまいました。

1次、2次、3次とオール100%というとんでもないことに。

平成27年の通算成績

3月から始まった小規模事業者補助金のサポートに関しては今回の3次公募を持ってすべて終了となります。

弊社でサポートさせていただいたお客様の結果をまとめると、

24/25

でしたので、採択率は96%となりました。

担当者別だと、

  • 唐澤担当分 9/9 = 100%
  • 三宅担当分 15/16 = 93.75%

です。

補助事業を遅延することなく実施することが大切です

1次、2次公募で採択されたお客様はすでに事業を実施しているわけですが、想定していたよりも費用がかかったり、打ち合わせが長引いたりなど事業を計画通りに進めていくことに悪戦苦闘しています。

弊社では出来るかぎり補助事業をスムーズに進めることを目的としたサポートをさせていただいておりますが、補助事業の手引きの文章量の多さに圧倒されてしまっている方が多いようです。

基本的には、

  1. 見積書
  2. 発注書
  3. 請求書
  4. 領収書
  5. 成果物

この5つをしっかりと取り揃えておけば、事業実施期間終了後の完了報告書の作成に問題が生じることはありません。

しかしながら、計画書に書いていないことを実施シたりする場合は、「変更申請書」の提出が必要になりますのでご注意を。(出さなくてよいケースもあるので、よくわからない場合はお気軽にご質問ください。)

補助事業を確実に実行し、売上アップに繋げていきましょう!

皆さんが時間をかけ、知恵を出し合って計画した補助事業ですから、実施することで間違いなく何らかの成果は出せるはずです。

大切なのは計画を実行することです。

この補助金を活用して売上アップを達成していきましょう!

もし行き詰まったらお問い合わせください。全力でサポートいたします!

応援しています!!

来年もあるのかどうかは現時点では不明ですが、概算要求等を見ていけば事前に分かりそうですね。弊社でも分かり次第、発表いたします。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る