記事の詳細

インクループのWEBコンサルティングは毎月数時間に及ぶ密度の濃い打ち合わせを行い、WEBを活用することでお客様の事業の改善箇所を見出し、その改善を積み重ね、結果を導き出していきます。お客様と目標や思いを共有し、お客様の会社の社員となったつもりで取り組みます。その結果、「検索順位TOP3達成」「お問い合わせ数2倍」「アクセス数半年間で10倍」などの多くの実績が生まれ、お客様と喜びを分かち合っております。

インクループではWEBコンサルティングのご契約者のお客様に対して毎月マーケティングレポートを配信しています。

マーケティングレポートの最終ページには毎月異なるトピックスを掲載しており、打ち合わせの最後に説明させて頂いております。

そんなマーケティングレポートも2013年9月から始まりまして、今月で1年と6ヶ月続けることができました。ということで過去のトピックスを今後定期的にご紹介させて頂ければと思います。

今回は2013年9月のレポートから「検索結果のクリック率」です。

オーガニック検索と広告でクリック率が異なる

まずはトピックスのスライドからご覧ください。

トピックスは毎回このような感じでパワポ1枚でまとめています。(画像はクリックすると大きくなります)

検索結果のクリック率

このトピックスのクリック率は「SEO in Philadelphia」の調査結果を基にして記載したものですが、自然検索(=オーガニック検索)と広告ではクリック率が3倍から4倍程度異なることが分かります。

ユーザは広告が広告であることを理解しているので、広告だと分かるとクリックを避ける傾向があります。そのため、オーガニック検索のほうがクリック率が高くなる傾向があります。

最新のクリック率の調査状況

上記トピックスは2013年9月に調査したものですから、最新の2014年版を調査してみました。

Google検索結果クリック率、1位は31.24%、3位は9.85% AWR調査 (2014/07)

Advanced Web Rankingの調査によると、検索結果の1位は31%もあるとのこと。2位に関してはトピックス記述時の値とほぼ同じですが、1位の値に関しては2倍の開きがあります。

marketing_report_201309_03

調査方法の違いにもよるとは思いますが、やはり1位から3位くらいまではかなりの高確率でクリックされ、6位以下はそれほど差がないという結果となっています。この調査だと2ページ目(11位~20位)も比較的クリック率が落ちない傾向ですが、3ページ目(21位~30位)となるとクリック率がガクッと下がるようです。

実際の経験からも分かるように3ページ目まで見るというケースはあまりありませんよね。よほど念入りに調査している場合を除けば、一般的には1ページ目、2ページ目で止めてしまいます。

質の高いコンテンツを発信し、検索順位20位以内を目指す!

これらの結果から検索順位の最初の目標は20位以内であるということが分かります。

20位以内を目指すためにしなければならないことはいろいろありますが、基本的にはこの3つです。

  1. 狙っているキーワードがタイトル、本文に含まれていること
  2. 狙っているキーワードに関連付いたカテゴリのサイトであること
  3. 狙っているキーワードに関連付いた質の高いコンテンツを発信し続けること

これらは順位だけではなく、より良いWEBサイトを構築していく上で大切なことでもあります。順位だけが高くても品質の悪いコンテンツしかなければ、訪問ユーザはすぐに離脱してしまいます。

質の高いコンテンツがあってこそ、検索順位が生きてくるのです。これが逆になってしまってはいけません。(※現在はGoogleの検索アルゴリズムの進化により、逆にすることは困難な状況になりつつあります。)

順位のためにというより、訪問してくれたユーザのために良質なコンテンツを発信していくようにしていきましょう!

それがCVR(コンバージョン率=お問い合わせ率)を高めるための最も良い方法です。

インクループのWEBコンサルティングは毎月のお申込みを1社までに限定させて頂いております。多くのお申し込みを頂ける事は嬉しいことなのですが、弊社として納得のいくサービスの品質を提供することができないためです。お申込みの順番によっては翌月のお申し込みとして頂く場合があることをご了承ください。

contact

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る