記事の詳細

9月に入り、夕方以降はだいぶ涼しくなってきましたね、そろそろエアコン生活から脱却したい網干です。
アイキャッチの画像だけではincloopのホームページが引っ越ししそうな勢いですが……違います!

今回は「co.jp」のドメインとサーバーの移管作業に関して記載します。
具体的には…

1. ファイルを他のサーバー(今回はXserverを使います)にコピーする
2. 「co.jp」のドメインをお名前.comへ移管する

上記の内容で移管作業を行います。

慣れてしまえば簡単な作業なのですが、私にとっては経験がないことなので苦戦しました…。

ファイルを他のサーバーにコピーする

ファイルのコピー作業の流れは下記のようになります。

① 現在使用しているサーバー内のファイルを全て引き上げる
② 各ファイルのコマンドパスをXserverで使えるように変更する
③ Xserverにドメインを追加する
④ Xserverにファイルをコピーする

では早速、上記の順にファイルのコピー作業をしてしまいましょう!

サーバー内のファイルをFTPソフトを使って全て引き上げる

まず始めに、サーバー内のファイルを全て引き上げてしまいます。
この作業は、FTPソフトを使うと非常に楽に済ませることができます。
なので、FTPソフトを使ってファイルを引き上げてしまいましょう。

私が使っているソフトは”FFFTP”というソフトになります。
domein01

FFFTPソフトのダウンロードはこちらから!

ソフトをダウンロードして解凍したら、FFFTPを起動して「新規ホスト」をクリックします。
domein02

ホストの設定名、ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力してOKボタンを押します。
domein03

入力が正しければサーバーに入れますので、必要なファイルを全てダウンロードします。
※念のため、ダウンロードが終わったらバックアップを取っておきましょう!

これでサーバー内のファイルの引き上げは完了になります。

各ファイルのコマンドパスをXserverで使えるように変更する

引っ越しをするホームページがPerl、PHP、Ruby、Python等の言語を使用している場合は、
コマンドパスをXserver仕様に変更する必要があります。

Xserverの各言語のコマンドパスは、下記のリンクで確認してください。

Xserverのコマンドパス一覧

コマンドパスを全て修正したら、引っ越しの前準備は完了になります。

Xserverにドメインを追加する

Xserverにログインして、サーバーパネルの「ログイン」を押します。
domein05

ドメインメニューの「ドメイン設定」を押します。
domein06

ドメイン設定画面が表示されますので「ドメインの追加設定」タブを押します。
ドメインの入力欄に引っ越し元のドメインを入力して、ドメインの追加ボタンを押します。
domein07

これでドメインの追加は完了になります。

サーバーにファイルをコピーする

FFFTPでXserverに接続してください。
すると、先ほど入力したドメイン名のフォルダが作成されています。
domein08

ドメイン名のフォルダを開くと「public_html」というフォルダがありますので、
そのフォルダに引き上げたファイルを全てコピーしてください。
domein09

これで、ファイルのコピー作業は完了しました。
続いて、ドメインの移管作業を行いましょう!

「co.jp」ドメインをお名前.comへ移管する

ドメイン移管作業の流れは下記のようになります。

① 移管先である「お名前.com」への移管申請を行う
② DNSサーバーの設定を変更する

それでは早速、上記の順に移管作業をしてしまいましょう!

「お名前.com」への移管申請を行う

お名前.comにログインして「ドメイン設定」の画面から「お名前.comへの移管申請」を選択します。
domein10

ドメイン名の入力欄に移管するドメイン名を入力して「次へ進む」を押します。
domein11

ドメイン名を確認して「次に進む」を押します。
※.jpドメインはAuthCodeの入力は不要です。
domein12

ドメインの確認画面が表示されます。
ここで一つだけ注意点があります。
ドメイン移管の確認を行うために、Whois情報に記載されたメールアドレスに移管確認のメールが送信されます。
そのため、必ず登録されたメールアドレスにメールが届くことを確認してください。
メールが届くことを確認できたら「次に進む」を押します。
domein13

以降は画面の内容に従って作業を進めてください。
全ての確認が完了すると、Whois情報に記載されたメールアドレスにメールが届きます。
メールが届いたら認証手続きを行ってください。

※補足になりますが、手続きの進捗はドメイン設定画面の「お名前.comへの移管状況確認」で確認することができます。
 移管状況が「完了」になれば移管申請は完了です。
domein14
domein19

これで、移管申請は完了になります。

DNSサーバーの設定を変更する

移管状況が「完了」になったら、DNSサーバーの設定を行います。

ドメイン設定画面の「ネームサーバーの変更」を選択します。
domein15

ドメインの一覧が表示されるので、移管を行うドメインを選択してください。
ページの下へスクロールすると下図のような画面が表示されるので、「登録情報は正しいので、手続きを進める」を押してください。
domein16

すると、現在のネームサーバーの設定が表示されるので、必須項目をXserverのネームサーバーに変更します。
domein17

※Xserverのネームサーバーの設定は「サーバーパネル」の「サーバー情報」から見ることができます。
domein18

ネームサーバーを変更したら、ホームページの引っ越し作業は全て完了になります!
お疲れ様でした!

最後に

いかがでしたか?
慣れないうちは見たことのない言葉が多くて諦めてしまいそうですが、
やってみると意外と簡単に済んでしまいます。

今回はかなりピンポイントな作業方法を記載しましたが、
一度でも移管作業をしてしまえば他のサービスに移管する場合でも応用はできると思います。

ではまた!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
網干 裕介

網干 裕介

コーダーの網干裕介(あぼしゆうすけ)と申します。webサイトは見た目が非常に重要なのですが、サイトを構成するソースコードも見た目が重要だと考えています。内も外も魅力的なコンテンツが作れる人物になれるよう、日々努力しています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る