記事の詳細

普及し続けるスマートフォン。人がいる場所で周りを見渡した時に使っていない人を見つけないほうが難しいくらいです。

そんな誰もが使っているスマートフォンの持ち方にドコモから注意の呼びかけがありました。

「テキストサム損傷」にご注意!

下図はドコモの公式Twitterで発信された画像です。

左の図のようにスマホを持っていると。。。右図のように小指の形が変わることが「テキストサム損傷」というそうです。

「テキストサム損傷」になると、指の形が変わってしまうだけではなく、しびれや痛みを感じたりする症状も人によっては表れたりするそうです。

テキストサム損傷

持ち方を定期的に変えるなどして、特定の指に負担がかかったままの状態にしないことで予防することができます。

スマホに集中しすぎてしまい、持ち方が固定されたままで力が入ってしまうのでしょうね。

Twitterでは既に「テキストサム損傷」になっているとの報告が大量に・・・

Twitterで「テキストサム損傷」で検索してみると、多数の人がすでにテキストサム損傷になっているのでは!?というつぶやきを大量に見ることができます。

ということで、私も小指を撮ってみました。

自分の小指

ドコモの画像と比べた感じでは、カクっとしていないのでまだ大丈夫そうです!

「テキストサム損傷」以外にも「テキストネック」という症状もあります

テキストサム損傷は指ですが、スマホの使いすぎで体の姿勢が前かがみになってしまい、首や肩などに負担がかかり、ひどくなってくると頚椎にまで損傷を与えるとのこと。

スマホに限らず、パソコンやゲーム機などを操作しているときは、ついつい前かがみになりがちです。

無意識にその姿勢になっているのが怖いところです。私の場合、テキストサム損傷よりも、むしろ「テキストネック」のほうが可能性が高いかもしれません。1日12時間以上パソコンと向き合ってますし・・・。

テキストサム損傷とテキストネックの予防法

  • スマホの持ち方は適度に変える!
  • スマホ、パソコンを操作するときは背筋を伸ばして姿勢よく!

この2点に気をつけて、今日も楽しく「健康的」にスマホ、パソコンを使いましょう!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る