記事の詳細

やはり、スマホ対応かどうかが順位に影響するようになるのは時間の問題でした。

スマホ対応サイトをモバイルの検索結果において優遇することがGoogleから公式に発表されました。

[Googleウェブマスター向け公式ブログ 2015/2/27]
検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

今回の変更によって、スマートフォンなどのモバイル端末で検索した際に「スマホ対応」サイトがより検索結果の上位に表示されやすくなります。Googleの公式ブログによると4月21日から適用されるとのことです。

あなたのサイトはモバイル対応、できていますか?

モバイル対応がされているかはすぐにチェックをすることができます。

以前の記事でその確認方法をご紹介しておりますので、ぜひ確認してみてください。

以前の記事

モバイル対応は今すぐやるべき?

自社のWEBサイトに訪れるユーザーとしてモバイルユーザーが多いのであれば、当然すぐに対応すべきです。
検索順位うんぬん以前の問題です。

特にモバイル対応の優先度も高くないけどいずれ対応しようと考えていた方は、このタイミングで対応を検討されるといいと思います。

今後はレスポンシブウェブデザインを採用するサイトが増加

ウェブサイトをモバイルフレンドリーにする方法として、いくつかの方法はありますが、Googleはレスポンシブウェブデザイン(RWD)を推奨しています。Googleが公開しているモバイルガイドにおいて「Google では、デザインパターンとしてレスポンシブデザインを推奨しています」と明記されています

[Google Developers モバイルガイド]
モバイル設定を選択する

レスポンシブウェブデザインについては過去の記事「レスポンシブWebデザインって?」をご参照いただければと思いますが、レスポンシブウェブデザインなら、下図のようにPCで見たときとスマホで見たときとで臨機応変にレイアウトを変えて、読みやすいデザインで表示してくれます。

レスポンシブウェブデザインの例

最近はレスポンシブウェブデザインでの制作案件が圧倒的に増えております。
また、スマホ対応のタイミングでデザインを一新する完全リニューアルもありますが、現状のデザインを活かしてレスポンシブウェブデザインに対応させるだけの案件も増えております。
この流れは当分、続きそうですね。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る