記事の詳細

エクセルのギモンをやさしく解決するカラちゃん先生のエクセル講座。
今回は「IF関数、たまに使うけど使い方を忘れちゃった!」という方のために、IF関数による条件分岐をサクっと思い出していただこう!という企画です。
使い方をこれから覚えたい!という方は、動画のあとに解説もご覧いただければIF関数をマスターできることでしょう!
では早速!IF関数を使用してカラオケの得点が90点以上なら「合格」、90点に満たなければ「不合格」と表示したいと思います。

いかがでしたか?IF関数はちょっと工数が多いので覚えるのが大変ですよね。

今回のブログの見出しはコチラです!

IF関数の解説

それでは、一つひとつ手順を確認しながら解説をしていきたいと思います。
下図のように、カラオケの得点が90点以上なら「合格」それ以外は「不合格」と表示するIF関数を入力していきます。
IF関数入力後のイメージ

セルD4をクリックします。
D4をクリック

[関数の挿入]をクリックします。
関数の挿入をクリック

①[関数の分類]を「論理」にし、②「IF」をクリックし、③[OK]をクリックします。
IF関数を選択

[論理式]に「C4>=90」と入力します。
論理式を入力

[真の場合]に「合格」と入力します。
真の場合を入力

[偽の場合]に「不合格」と入力します。
偽の場合を入力

このとき[真の場合]に入力した「合格」という文字の前後に「”」が付いて「”合格”」という表示に変わります。
これは文字列として表示しますよ!という意味ですのでそのままにしておいてください。
ダブルクォーテーションの説明

[OK]をクリックします。

IF関数の入力ができました!!
IF関数の入力結果

セルD4のフィルハンドルにマスポインタを合わせます。(ポインタの形が+に変わります)
フィルハンドル

セルD9までドラッグします。
オートフィルの結果

比較演算子について

「~以上なら」とか「~より小さかったら」などとエクセルに条件を指示するときに使うのが比較演算子です。
IF関数をマスターする上でとても重要な知識です。

条件 比較演算子 使用例 解説
~以上 >= D4>=90 「D4が90以上なら」という意味。90を含みます。
89→×
90→
91→
~以下 <= D4<=90 「D4が90以下なら」という意味。90を含みます。
89→
90→
91→×
~より大きい > D4>90 「D4が90より大きいなら」という意味。90は含みません。
89→×
90→×
91→
~より小さい < D4<90 「D4が90より小さいなら」という意味。90は含みません。
89→
90→×
91→×
~と等しい = D4=90 「D4が90と等しいなら」という意味。
89→×
90→
91→×
~以外 <> D4<>90 「D4が90以外なら」という意味。
89→
90→×
91→

いかがでしたか?
IF関数はエクセルで最も使用頻度が高い関数のひとつです!
覚えておいて損はありませんよー。

あと弊社の三宅が歌う「創聖のアクエリオン」は必聴ですよ♪

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る