記事の詳細

今年で22回目になる『相模湖ダム祭学習会』はダム好きの皆さんのブログでも度々紹介されるイベントです。
相模ダム見学、発電所見学、学習会など盛りだくさんで、ダム知識をたくさん叩き込まれるそうです。
また、発電所からは地形の関係でめったに見ることができない相模ダムの背面(ダム好きのみなさんは”顔”と呼ぶそうです)を見ることができます!

きっと、次は別のダムに行きたい!と、人生に”ダム”という楽しみが一つ増えることでしょう。

今回は『緑区区政施行5周年記念相模湖ダム学習かい』として開催されるとあり、記念イベントですから、きっと特別な何かが催されるのだと思いますが、観光協会の情報からはそれが読み取れません。。。

イベントの概要

ダム学習会の様子国では、森林や湖に親しむことにより、心身をリフレッシュしながら、森林やダム等のもっている自然豊かな空間や社会生活にはたしている役割について理解を深めていただくことを目的とする「森と湖に親しむ旬間」を定めています。
相模湖ダム祭は、「森と湖に親しむ旬間」の趣旨に沿ったイベントで、県の水源地域のひとつである相模湖の重要性を認識し、自然環境の保全学習などを行なう学習会(事前申込制)を行ないます。
学習会では、エアレーション見学などを行なう遊覧船周遊や相模ダム・相模発電所見学などを行ないます。

引用:相模原市観光協会ホームページ いい~さがみはらより

開催日時 平成27年7月20日(月・祝)午後12時20分から4時30分まで
開催場所 相模湖漕艇場、県立相模湖公園、相模ダム、相模発電所
お問い合わせ 相模湖まちづくりセンター 電話:042-684-3240
参加料 200円
申込 はがきかFAXに住所、氏名、年齢、電話番号、性別を書いて7月3日(金)(必着)までに相模湖ダム祭実行委員会事務局へ。【相模湖ダム祭実行委員会事務局】
〒252-5162 相模原市緑区与瀬896 相模湖まちづくりセンター内
電話:042-684-3240
FAX:042-684-3618
交通アクセス  JR中央本線「相模湖駅」から徒歩8分。

過去の学習会に参加した人のブログ記事

相模湖ダム祭学習会
(Mizugamesh+)
平成25年の学習会に参加されたときのレポートです。相模ダムの写真がたくさん公開されております。
ダムマニア展&相模湖ダム祭学習会
(白のECR33のページ)
平成25年の学習会に参加されたときのレポートです。相模ダムカレーの写真やダムマニア展のレポートなど、イベントの魅力満載です。

私も城山発電所を見学させてもらったことがありますが、とてもレアな発電設備を見ることができ有意義なものでした。
ダム好きな方、要チェックです!

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
弊社代表。UXデザインの講師を専門学校で務めており、心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用を得意とする。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る