記事の詳細

過去の投稿を見なおして、最新の情報を追加してみたり、古くなっている情報を修正してみたりすることで、過去の投稿をリフォームすることはSEOを実施していく上で重要な取り組みです。

投稿数が増加してくると、関連性のある投稿が増えてくるわけですが、過去の投稿から関連性の強い投稿を探して個々にリンクを貼っていくのは大変です。

なので、WordPressのプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」などは自動的に投稿の最後に関連がある投稿を表示してくれる便利なプラグインです。

Yet Aonother Related Posts Plugin

じゃあ、プラグイン使えばそれでOKなのかというと・・・

そんなことはありません!!プラグイン任せではダメです。

インクループでもいろいろ試してきたのでデータからも明らかなんですが、投稿を読んでいる人にとって本当に役に立つ投稿をアイキャッチを付けて、かつちゃんと説明も付けて、丹精込めて貼り付けたリンクでなければ、読んでいる人はそう簡単にリンクをクリックしてくれないものです。

そんなわけで、今回は過去の投稿にリンクを貼ることで過去の投稿を活かすことができた例を紹介します。(※この効果をドラクエの呪文で例えるならザオラルくらいです。100%成功するわけではないので、ザオリクではないです。)

わずか3ステップです!

STEP1.アクセス数の多い投稿を見つける

過去の投稿のリンクを貼って、流入を増加させることが目的なので、リンクを貼る投稿のアクセス数が多くなければ、リンクのクリック数も期待することができません。

ですから、なるべくアクセス数の多い投稿をまずは見つけるところから始まります。

今回は常にTOP10にランクインしている「誰でもキーボードが1時間の練習でスラスラ打てるようになるとても簡単な方法」を選んでみました。

この投稿は初投稿の2015年6月14日の投稿から、以下のようにアクセス数が増加し続けており、月間6,000アクセスほどあるのでちょうど良さそうです。

誰でもキーボードが1時間の練習でスラスラ打てるようになるとても簡単な方法のアクセス数の推移

STEP2.関連性の強い投稿を選ぶ

次に関連性が強く、ストーリーが成立するような投稿を選びます。

キーボードの練習をしたら、実力を試してみたくなるのは当然の流れということもあり、過去の投稿から「キーボードの練習を楽しくするためのインストール不要のタイピングソフト3種類」がまさにリンクを貼るにはこれしかない!という投稿を選択してみます。

ところで、この投稿は先の投稿の2日後に投稿したのにも関わらず、アクセス数の差は歴然です。

キーボードの練習をすることを目的としているこの2つの投稿ですが、一方は月間6,000を超えるアクセス数に対して、タイピングゲームに関しては月間100程度です。

それなりに内容があれば時間の経過とともにアクセス数が増えていくといったSEOの解説などもありますが、このデータを見るとただ待っていればいいってものではないということが分かります。ダメなもんはダメ!ということです。現実は常に厳しいものです。

アクセス数の差異

STEP3.適切だと思う場所にリンクを貼る

そして最後にリンクを貼ります。

キーボードの練習方法を読み終わったあたりに、腕試しをするなら!という見出しを付けたらクリックしたくなるはず!という予想をした上で、リンクをアイキャッチ付きで貼り付けてみました。解説も付けてリンク先で得られる楽しさに相当する文言も付け加えています。

以下のような内容を追加してみました。

過去の投稿にリンクを貼る

作業としては以上となります。

果たして流入数は増加したのか?

まずは結果をご覧ください。9月13日にリンクを設置したところ、グラフが急激に跳ね上がっています。

過去1年以上の経過を見てもここまで跳ね上がっていることはないので、これが今回の改善による効果であることは明白です。

リンクの設定で流入が増加

拡大して見てみると9月13日を境として明らかに増加していることが分かります。

直近1ヶ月で拡大して見てみる

具体的な数字としては、158.33%増加しています。増加率としては約2.5倍です。(※土日を入れると正確な比較ができないので、前の週の同じ曜日の期間で比較しています。)

若干増加すればいいかなと思っていましたが、まさに2.5倍には驚きました。

3倍近くアクセス数が増加

さらに詳しく増加した原因を考察

Googleアナリティクスのナビゲーションサマリーで見てみると、さらに詳細が見えてきます。

流入元となっている投稿はリンクを貼った「誰でもキーボードが1時間の練習でスラスラ打てるようになるとても簡単な方法」となっており、381%も改善していることが分かります。

具体的な数値でリンクの改善を見てみる

各パラメータの値においては、今回の改善はリンク流入の増加を図ったものなので、離脱率に注目してみると、21.15%も改善しています。

リンクをクリックした人が目的意識を明確に持った上でクリックしているという可能性が高いことから、離脱しづらくなったということが考えられます。

各種パラメーターの値も改善傾向

過去の投稿を見直して最適化することは即効性があるSEO対策

今回は2つのキーボード関連の投稿の中から、関連性が強く、ストーリー性の強い(練習して上手くなったら試してみたくなるという心理)投稿へのリンクを設置することでアクセス数が多い投稿から、いまいちアクセス数が伸びていない投稿への流入を増加させるということに成功することができました。

社長の唐澤の投稿では、別の切り口として流入キーワードの解析を基に過去投稿のリフォームを行い、アクセス数を増加させる方法を記載しています。

≪これだけで4倍≫過去記事を見直す最適化方法とブログ記事のアクセスアップ

この方法ではアクセス数が4倍になっており、流入キーワードを見直してタイトルだけではなく、コンテンツの改善を行うことの重要性が分かります。

インクループでは最近、過去の投稿の有効活用をしよう!ということで見直し作業を日々行っているのですが、予想以上の効果があることに驚いています。

WEBサイトも自動車などの機械と同じでメンテナンスが重要だということが結果から確認することができています。

投稿数は多いのにアクセス数が伸びてこないなぁ・・・と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、過去の投稿を見直し、内容のリフォームを実施してみてください。

この対策は既存の既にGoogleの検索エンジンにインデックス処理されている内容の改善ですので、

新規コンテンツを投稿するよりもアクセス数の増加に即効性あり!

です。

即効性を求める人には非常に効果的な対策であると言えます。

ぜひお試しください!

よく分からん!難しそうだし、数字は苦手・・・・という方はインクループにご相談ください。必ず解決出来る自信があります。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
三宅 崇之

三宅 崇之

取締役/ストックマーケティング事業部長インクループ株式会社
研究大好き。WEBサイトを通し集積したデータを分析することで、現状を正確に把握し、次の一手を生み出すことを目的としたマーケティングを実行し、より良い企画・計画を提案することを得意としています。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

ページ上部へ戻る