記事の詳細

Photoshopの「レイヤー効果」「レイヤースタイル」とも言いまして、使ってみるとレイヤーに存在するオブジェクトにがっつり装飾を施すことができます。しかもテキストの打ちかえもラクだし、「右クリック>>レイヤースタイル」をコピーすれば他のレイヤーに同じ効果をつけることもできます。

実用性とはちょっと遠いかもしれませんが、がっつり飾ってみましょう。

ベースにしたファイルは以下の通りです。

  • サイズ:ヨコ1000px タテ500px
  • カラーモード:RGB

レイヤー効果でリッチなゴールドの質感を演出する

これを作っていきます。

201634001

大丈夫です全然難しくないです。

まずはベースとなるグラデーション。

レイヤーをダブルクリック、出てきたダイアログのグラデーションにチェックを入れるとこんな画面が出てきます。

2016-03-04_18h35_56

1.グラデーションになっている色のところをクリックするとこんな画面になりますのでちょちょいと色を付けてみます。

2016-03-04_18h35_35

2.べベルとエンボスにチェックをいれて以下のような設定にします。右側の四角がタイルみたいになりましたね。

2016-03-04_18h36_45

3.べベルとエンボスのサブにある輪郭にチェックを入れます。範囲をちょっとだけ狭めてより「ふち」っぽくします。

2016-03-04_18h37_26

4.サテンにチェックをいれ、タイルの上にふんわり映り込みのような気持ちで黒を焼きこみます。

2016-03-04_18h38_37

5.ちょっと暗くなってしまったので、光彩(内側)で覆い焼きを指定、ふちのきらきら感を出していきます。

2016-03-04_18h39_09

6.境界線にチェックを入れ、ふちの外にふちを作り、より凸凹感を出します。

2016-03-04_18h40_03

7.ドロップシャドウにチェックを入れ、もっともっと凸凹感を出していきます。

2016-03-04_18h40_56

8.シャドウ(内側)にチェックを入れ、ふちのきらきら感を抑えます。

2016-03-04_18h41_39

9.ゴージャスゴールドになったところでカラーオーバーレイにチェックを入れ、若干彩度を落とします。

2016-03-04_18h42_07

最終的なレイヤーはこんなになります。ずらり。

2016-03-04_18h43_05

レイヤー効果でぷるぷるのゼリーのような質感を演出する

201634002

以下の設定でこうなります。

大丈夫です順不同です。この通り設定すればできますできます。 ……たぶん。

2016-03-04_19h14_18 2016-03-04_19h16_07 2016-03-04_19h15_18 2016-03-04_19h15_07 2016-03-04_19h14_58 2016-03-04_19h14_50 2016-03-04_19h14_41 2016-03-04_19h14_28

 

フラットデザインが流行っている今の世の中ですが、アクアデザインのにぎやかさもたまには思い出したい……

個人的にはべっこべこに平面で遊ぶのが大好きなデザイナーでございます。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
久保田 里美

久保田 里美

価値あるコンテンツ制作部インクループ株式会社
デザイナー。コンセプト設立からデザインを理論立てて起こすことをポリシーに、WEB媒体から紙媒体まで幅広く手掛けていきたいデザイナー。日々勉強日々精進。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る