【平成28年度補正予算】小規模事業者の持続化支援補助金のサポートサービス

banner

この補助金の申請期限は「平成29年1月27日」です。(補助期間は平成29年12月31日まで)

インクループでは「28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金」の申請サポートを実施しております。

平成27年度実施の採択率は全国で約40%でしたが、弊社がサポートさせていただいたお客様の採択率は、96.2%を達成しました。詳細は下記関連記事をご参照ください。
《平成27年度》小規模事業者持続化補助金第1次受付分の採択者発表!当社は採択率100%達成!

販路開拓のための費用の「最大50万円まで」を補助してくれます

小規模事業者の持続化支援補助金とは、販路開拓のために用いた費用の3分の2、最大50万円までを支援してくれるという補助金です。昨年初めて実施されたもので、これまで同様の補助金はなかったことから関心を持たれた経営者の方が多く、数多くの申請が提出されました。

banner01-4

販路開拓費用のために補助金を活用しましょう!

販路開拓のための費用と言っても、よく分かりませんよね。具体的に例を挙げますと、
banner01-3

ということになります。

簡単にいうと、

fingerpoint お客様をより増やすための取り組みに対して使った費用を補助

してくれるというものです。

「そんなことを言っても、どうやれば効果的に販路開拓ができるの?」

といったお悩みがあるのは当然かと思います。

インクループには、マーケティング活動を通して培った数多くのノウハウがあります。それらのノウハウを基にお客様の販路開拓のための最適な方法を提案させていただいておりますので、大切な費用を無駄にすることのない計画書を作成することができます。

補助金の申請に関して

Q.補助金を申請したいけど、いろいろと大変そう。。
→ A.はい、本当に大変です。

この補助金を活用する場合の、おおまかで基本的な流れは以下のようになります。

  1. 現状を把握し、販路開拓のための事業計画を立案します。
    fingerpoint 事業の内容としては「背景」「競合」「将来性」「費用対効果」「社会的貢献」など、採点ポイントの基準を満たす必要があります。満たせていない申請書では採択されません。
  2. 立案した事業を、申請用の様式に基づいて申請書の作成を行います。
  3. 申請書に記載した事業が、補助金を利用するのに価値あるものと認められた場合、採択通知が届きます。
  4. 申請書の内容に基づいて事業を実施します。
  5. 事業完了次第、実績報告書を作成し、提出します。
  6. 実績報告書の内容の承認が得られると、承認を得られた費用に対して、請求書の提出を行うことができます。

banner06

005

これまで多くのお客様をサポートをさせて頂きましたが、事業計画の立案も大変なのですが、事業を申請書に記載した計画通りに実行することも困難でした。そして、最終的な実績報告書の作成に関しても、様々な様式に基づいた書類の提出が必要となりますので、これらの書類を揃えるだけでも大変です。インクループではこれらの作業がスムーズに進められるようにサポートを行わせていただいております。

これまでのお客様が補助金の申請、実施に関して大変だったことは、毎日の仕事をしながらでは、申請書の作成のために十分な時間を取れず、補助金を活用したいのにしっかりと計画を作り込むことができないというお悩みをお持ちということでした。

弊社のサポートで申請書の作成、事業の遂行、実績の報告に掛かる時間を「大幅に短縮」できます。

毎日の仕事をしながら、その上でさらに採択される申請書の作成をするためには、多大な「時間」と「労力」を必要とします。

弊社は、より多くの経営者の方に補助金を活用して頂き、事業の役に立てて頂きたいと考えています。そのため小規模事業者持続化補助金に関して、以下の内容を支援させて頂いております。

004

そして私たちが最も重要視していることは、

fingerpoint 「安心して補助金を活用した事業を実施できる環境」

をお客様に提供させて頂くことです。

補助金を使って事業を実施する場合の手順や、準備などに関しても全てサポートさせていただいております。
※適当に事業を実施してしまうと、補助要件から外れてしまい補助金非対称となってしまう可能性があるので実施には注意が必要です。

平成27年度にご支援させて頂いたお客様の採択率は96.2%を達成しました

006

平成27年度に実施された小規模事業者持続化補助金においては、弊社で支援させて頂きましたお客様の採択率は、全国平均の約2倍を達成することができました。

お客様と何度も打ち合わせを実施し、

「現状の課題」「3年後の目標」「得意としている技術・サービス」

などをヒアリングさせて頂いてから、事業計画を立案していきます。

初回電話相談は「無料」、昨年の採択例を紹介しながらご説明いたします。

平成28年補正予算分の実施の募集要項が2016年11月4日に公表されました。

今回の申請締切は平成29年1月27日です。補助機関は平成29年12月31日までになっていますので、いつもは5月末に締切の公募が無い可能性が高いです。

banner04

コメントは利用できません。

特集

エクセルトラブルと解決策のまとめ アクセス数を増加させるための方法まとめ 初心者向けWordPressの設定方法まとめ

AD

お知らせ

平成28年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
ページ上部へ戻る