記事の詳細

popbookcover女子大通り商店街にて『お金をかけずに売上3倍!コメントPOP活用術(合同出版株式会社)』の著者、田中さまを講師にお迎えして『手書きPOP活用・勉強会』を実施することになりました。

私もこの本を参考にパソコン教室に手書きPOPを置いておりますが、パソコンで作られたPOPが多い中、やはり手書きPOPは目立ちますし、読み手の共感も得やすいと思います。

またPOPを作ることで、それをどこに配置するか?何を訴求するか?などを改めて考える機会になり、今一度お客様目線に立ち返りお店全体を見直すきっかけになります。

関連記事:店内POPに気を使いお客様目線を養う

女子大通り商店街に個性的な手書きPOPがあふれる??

個店の魅力はその個性にあります。手書きPOPはお店の個性を引き出し、それを見るお客様に親近感や共感をいただかせ、さらにはその商品に興味を持ってもらい、注文してもらうための強力なツールとなります。

勉強会の様子は随時こちらのブログでもご報告していきたいと思います。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談してください。

The following two tabs change content below.
唐澤 章三

唐澤 章三

代表取締役インクループ株式会社
パソコン教室担当。UXデザインの講師として専門学校でも活躍。心理学に基づくデザインを実践している。実家が焼肉屋ということもあり、幼い頃からの経験に基づく顧客心理を活用した広告展開、運用が得意。

ほかの投稿も読んでみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事ではパソコンが使いこなせるのが当たり前

相模原市産業会館パソコン教室

AD

ページ上部へ戻る